パリ近郊のカントリーライフ

モロッコ旅行記 その3 マラケシュ観光編

ゆったりと朝食を頂いた後はマラケシュの街に出ました。
昨日とっぷり日の暮れた街はちょっと怖かったけど、朝は人通りも多くまったく違った印象。
リヤドのおねえさんにだいたいの道を教えてもらい、地図を手に歩き出しました。
f0044892_7154049.jpg

マラケシュのヘソ、フナ広場の近くにあるクトゥビアの塔(ミナレット)
あちこちから見えるので、だいたいの場所を知る目印になりました。
このあたりは交通の要所であるので、1日中車にバイクに馬車にロバの引く荷車に・・・とものすごい交通量です。
モロッコは排ガス規制がゆるいのか、かなり排気ガスが強く、幹線道路わきの歩道はたのしくお散歩という雰囲気でなかったのが残念でした。
長い時間歩くのは苦にならない私ですが、この排ガス攻撃には敵わず、料金の安いタクシーをちょくちょく利用させていただきました。
メディナ(旧市街)のなかの細い道もバイクがどんどん通るので、轢かれないように気をつけて歩きました。
初日は特に慣れないこともあって、メディナの中の写真があまりありません。
f0044892_7171747.jpg
メディナの喧騒を逃れて、バイア宮殿へ。
今でも国王が宿泊することもあるとのことでしたが、観光客も警備員も少なく貸切状態でした。
タイルの美しさに目が奪われます。
f0044892_718397.jpg
天井の細密画や精巧なレースのようなレリーフ。
人間業とは思えない細かさです。
いったいどんな職人さんがここを完成させたのでしょう。
f0044892_7183216.jpg
ちょっと安土桃山っぽい気がするのは私だけなのでしょうか。
f0044892_718538.jpg
これも細かいレリーフの中に着色したもの。
f0044892_7191753.jpg
細かい細かい気の遠くなるようなレリーフですが、あちこち痛んでいるところもありました。
フランスなどヨーロッパのお城などの建造物は当時の家具などが展示されていて、その時代を彷彿とさせてくれますが、こちらはどの部屋も空っぽなままでした。
やはり展示の形式が違っているのでしょうね。
f0044892_7194862.jpg

見学を終えて宮殿を出てくると、ちょうどガイドに先導された仏人のグループが到着したところでした。
ちょっと時間がずれていたら、ガイドさんの説明が聞けたのですが・・・、でも人が少なくて静かに見学できたのでまあいいかと外に出ると、そこは再びメディナの雑踏の中。
バイクに轢かれないように気をつけながら歩いていると、ふと屋根の上に目が止まりました。



f0044892_7201171.jpg
宮殿の回りはおみやげ物を売る店やレストランなどもありますが、現地の方向けの店もあって、観光客オンリーのエリアではなかったようでした。
その建物の屋根の上に何やら丸いものがあるな・・と良く見てみたらコウノトリさんの巣でした。
厳密に言うと、シュバシコウというコウノトリ科の鳥さんなのですが、ヨーロッパで俗に赤ちゃんを運んでくるコウノトリというのはこの鳥のことです。
繁殖期の夏はヨーロッパで過ごし、冬になるとアフリカに越冬しに渡ってくるのですね。
フランスのアルザス地方もコウノトリさんで有名ですが、この鳥さんたちもヨーロッパから渡ってきたのかもしれません。
f0044892_721778.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2010-12-12 07:10 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/15143173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by poppy49 at 2010-12-12 10:09
今晩はーー

モロッコはまだ訪れたことないんですが、中庭なのかしら、ブルー系のタイルのモザイクがとっても印象てき。
天井のレリーフの色合いのニュアンスも素敵ですね。
Commented by gabbyna at 2010-12-12 11:49
イスラムの教えの所為でしょうけど、このタイルのモザイクの細かさは、凄いものですよね。
しかし、この空の青さは、印象的です。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-12 23:29
三枚目の写真を拝見しただけで、猛烈にモロッコに行きたくなりました。イタリアもシチリアとかにこういう風景はあるけれど、何だか写真から伝わってくる空気が違います。
Commented by Mrs.W at 2010-12-13 07:48 x
タイル細工には、見えないね。
芸術作品だわ~~~。
しっかし、なんでこんな賑やかな所に巣を作るんだ???
Commented by コアラママ at 2010-12-13 18:04 x
なんとも美しい〜☆☆☆
排気ガスは苦手なので…このレポートでモロッコ満喫させていただきま〜す♪
Commented at 2010-12-14 14:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xthneh5d at 2010-12-17 07:36
poppy49さん、こんにちは。
中庭のタイルの色使いはとてもステキでした。
でもタイルもあちこち磨り減っていました。
どこも文化財を保護していくのは大変ですね。
Commented by xthneh5d at 2010-12-17 07:37
gabbynaさん、こんにちは。
偶像崇拝を認めないイスラムならではのアラベスクですね。
フランスなら裸の彫刻とか、王様の絵とかがあるでしょうが、中は見事なまでにカラッポでした。
Commented by xthneh5d at 2010-12-17 07:39
chihoさん、こんにちは。
スペインやイタリアにはイスラムの影響を受けたところが結構ありますね。
同じ暑い乾燥した空気ならではの青い空の色でしたが、やはり光の強さは違います。
フィレンツィエからモロッコへ飛びますか?
Commented by xthneh5d at 2010-12-17 07:41
Mrs.Wさん、こんにちは。
作った人の仕事の細かさを見ていると気が遠くなりそうなスケールでした。
コウノトリさんたちはあちこちに巣を掛けていましたよ。
きっと人から守られていて居心地がいいのでしょうね。
Commented by xthneh5d at 2010-12-17 07:44
コアラママさん、こんにちは。
排気ガスのことは聞かされていたのですが、想像を超えて厳しいものがありました。
スークの中もバイクがどんどん通るし、のどがいがらっぽくなりましたよ。
でもそれを含めてその土地の空間なのですが、写真ではそのあたりは伝えられないですね。
Commented by xthneh5d at 2010-12-17 07:52
鍵コメ『シ』さん、こんにちは。
アルハンブラ宮殿もイスラムの影響を受けた場所として有名ですね。
中庭の造りやアラベスク模様のレリーフなど似ているところがあります。
フランスは寒い日が続いていますが、去年のように水道が凍るほどではないので助かっています。
これからまた雪が来るらしいのですが、どのくらい積もりますか・・・。