パリ近郊のカントリーライフ

アルザスうろうろ旅行 その2 ストラスブールとアルザスのうまいもの

すっかり忘れていましたが、今日写真を整理していたらアップするつもりだったアルザスの写真が残っていました。
かなり時間が過ぎてしまいました(この時は雪が降りました)が、ストラスブールの話をお送りします。

コルマールのあと、アルザス第一の都市ストラスブールに向かいました。
こちらはパリにも負けない大都会なので、車を中心部からかなり離れたところに停め、シンボルの大聖堂を目当てに歩き始めました。
遠くからでもよく見えるストラスブール大聖堂、近くに行ってみたら天を突く高さでした。
f0044892_7241339.jpg
正面に立ってみると、私のカメラでは納まりきれないほどの高さです。
一番上まで歩いて上れるそうですが、今回は時間がなくてパスしました。
f0044892_7244238.jpg
今回はあまりにもスローペースで始まった旅行のため、後半は家に帰りつくために超早送りのスケジュールになってしまいました。
オットとムスメがお土産物屋さんをのぞいているうちに、私は調べてあったお店へ一直線。
ストラスブールでどうしても行きたいと思っていたお菓子屋さん『Naegel』です。
イートインのコーナーもあるので、お茶しようと思っていたのですがそんな時間もなく(シクシク)、大急ぎでアルザス名物のクグロフを買いました。
f0044892_7245839.jpg
アルザスでは朝食に食べるというクグロフですが、ドライフルーツやナッツを入れて焼いたお菓子です。
『砂糖をかけますか?』と聞かれたので、お願いすると粉砂糖をシャカシャカとふりかけてから器用にくるりと紙で包んでくれました。
おかげで帰ってから数日間はおいしいクグロフを朝食に頂けました。
こんなことならもう少し大きいのを買ってくればよかったと思いましたが、また次回の楽しみということで・・・。
この他に食べたもの。
タルトフランベはアルザスのピザなどとも呼ばれますが(きっとアルザス人は心外だと思うでしょうが)、ピザ生地とは違ってパリパリの食感の生地の上に薄く切ったタマネギ、ベーコンを乗せ、その上にクレームフレッシュ(酸っぱくないサワークリームのようなもの)とチーズを乗せて焼いたものです。
薄い生地でどんどん食べられますが、実はクリーム系のこってりで胃にガツンと着ます。
パリでも食べられますが、やはり本場のものはおいしかったです。
これはコルマール在住のmちゃんに教えてもらった小さな村にあるレストランにわざわざ行って食べたものです。
寒かったこともあって、村の中には観光客の姿は見かけませんでしたが、レストランは超満員。
地元の方もかなり多かったようです。
f0044892_7251971.jpg

それからアルザス名物のシュークルートももちろん食べました。酢漬けのキャベツの上にソーセージや豚の桃肉などを乗せた郷土料理です。
これははっきり言ってかなり重いです。
さすがの私も食べきれたことがありません。
一度は自分ではかなり食べたつもりでも半分も食べられなかったこともあり、注文する時は私でもちゃんと食べられそう?とレストランの方に聞くようにしています。
これはお店の人に少なめにしてねとお願いして食べたもの。
根性で上に乗った肉やソーセージは全部食べましたが、その下に山になっている酢漬けのキャベツは半分くらい残しました。(ゴメンなさい)
f0044892_7253531.jpg
今回はいろいろ消化不良になってしまったアルザス旅行でした。
次回はきっとTGVで行って、今回行けなかったお菓子屋さんめぐりをしたいと思います。(いつになるやら・・・)
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-03 07:22 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/15632413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mrs.W at 2011-04-03 09:52 x
・・・( ̄  ̄;) うーん また行きたい国が増えたわ 笑
美味しいものの写真ってホッコリするし、幸せな気持ちになれたわ。
(^人^)感謝♪
Commented by xthneh5d at 2011-04-04 03:21
Mrs.Wさん、こんにちは。
アルザスはおいしいものがいっぱいあるのですが、今回はほとんど回れず消化不良でした。
次回はオットに足を引っ張られないように、自分で計画して行きたいと心に決めました。
Commented at 2011-04-05 16:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xthneh5d at 2011-04-07 16:27
鍵コメ♪さん、こんにちは。
最近いらっしゃったので懐かしかったのではないかしら?
ヨーロッパのこの手の階段はどこも手すりはないし、痛んでいるし、狭いしで結構スリリングですね。
私はそれが苦手なので、あまりチャレンジしないのです。
私もクグロフだけでは消化不良でしたー。
ぜひ再訪を!