パリ近郊のカントリーライフ

ゴッホ終焉の地 オーヴェル=シュル=オワーズ

f0044892_3384353.jpg
やはりこの教会は印象深いんですねえ。
皆様正解です。
ゴッホが描いたオーヴェル=シュル=オワーズの教会です。

1890年にゴッホが最期の2ヶ月を過ごしたオーヴェル=シュル=オワーズは、パリから車で40分ほどの静かな田舎町です。
南仏でゴーギャンとの共同生活に破れ、有名な耳切り事件のあとの精神病院の入院を経て、ようやく落ち着きを取り戻したかに見えたゴッホでしたが、このオーヴェルでわずか2ヶ月の間に60枚以上というハイペースで創作に没頭して、謎を残して亡くなります。
この小さな村のあちこちにゴッホが描いた場所がほとんど変わらないまま残されています。
その場所で描かれた絵のパネルが立てられており、ゴッホの足あとを辿れるようになっています。
f0044892_4324787.jpg
村はずれの墓地にはゴッホとその良き理解者だった弟のテオが並んで埋葬されています。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-26 03:38 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/17997952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mrs.W at 2012-09-27 06:38 x
当たってたんだ! ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
大事に残されてて、まるで聖地だね。
Commented by ukishimakan at 2012-09-28 07:28
はじめまして!
どの写真も素敵ですね。
昔、パリに旅行に行きましたが、こんなところを廻るとよかったと後悔してます。写真を見せてもらい、また行きたくなりました。
Commented by Kaoru at 2012-09-28 18:03 x
実は5年前に行きました。テヘヘ。
そのときより墓が綺麗になってます!
ベルトコンベア式だと知らず、印象派博物館に入ったら、全ての部屋のビデオが終わるまで出て来れず、出て来たらゴッホの家や美術館の方が閉館時間に(T_T)
悔しい思い出です。
Commented by lacasamia3 at 2012-10-04 22:24
お久しぶりです。そろそろコブタちゃんのオタンジョウビ?
うちのユキちゃんもそわそわしています。
Commented by xthneh5d at 2012-10-06 05:59
Mrs.Wさん、こんにちは。
はい、大当たりです。
ゴッホ好きには聖地ですね。
でもごく普通の田舎の小さな町ですが。
Commented by xthneh5d at 2012-10-06 06:00
ukishimakanさん、こんにちは。はじめまして。
ご覧頂いてありがとうございます。
パリももちろん魅力的ですが、そのすぐ外側も田舎の良さがあります。
次はぜひパリの外側にも足を伸ばしてくださいね。
Commented by xthneh5d at 2012-10-06 06:04
Kaoruさん、こんにちは。
5年前に行かれたんですか。
私もかなり昔に一度行ったことがあるのですが、お墓はこんな感じだったかなと思いました。
墓石を綺麗にしたのかもしれませんね。
印象派博物館は私も行きましたが、結構見るのに時間がかかりますね。
ゴッホの家は小さな部屋が残されているだけなので、外から見るだけで十分かもしれません。
それよりも古い建物の残る町を歩くと、この景色をゴッホも見ていたんだなーと感慨深いものがありました。
次回はぜひゆっくりお散歩してください。
Commented by xthneh5d at 2012-10-06 06:05
chihoさん、こんにちは。
そうですね、いよいよXデーまであと2日です。
うちはいっしょにプレゼントを買いに行きましたが、日曜日まではお預けです。
ユキちゃん、楽しい誕生日になりますように。