パリ近郊のカントリーライフ

プロヴァンスうろうろ記 ルシヨン

今頃まで夏休みを引きずるのもどうかと我ながら思いつつ、しつこく続きます。
プロヴァンスで訪れたいと思っていた場所のひとつ、ルシヨンです。
小さな村は高い丘の上に築かれた鷲ノ巣村の典型ですが、この村に押し寄せるツーリストのお目当てはかつてこの村の産業だった黄土(オークル)の採掘場跡。
f0044892_426402.jpg
村の中心からはずれて採掘場跡地に向かいます。
なんといってもただの裏山の土を削って精製し、絵の具や顔料にして一大産業にしてしまったのですから、当時の村の人たちにとっては文字通り宝の山だったでしょうね。
やがて化学的に染料が合成されるようになり、オークルの採掘は次第に衰退しましたが、今は観光客を引きつけ再び宝の山になっています。
f0044892_4294651.jpg
かつての採掘場は今は保護地区となっていて、入場料を払って入ります。
中の黄土は持ち帰り禁止ということですが、入り口以外は監視もないので、仏人たちはお土産に採取していましたよ。
いつかある日この黄土はツーリストに掘り尽くされてしまうかもしれませんね。
f0044892_4284241.jpg

場所に寄ってさまざまな色合いのオレンジ、茶色、黄色のグラデーションがとても綺麗です。
でも一旦服に付くと落ちづらいのでご注意!だそうですが、うちは言っても無理でしょう…。
諦めましたよ、このあとオレンジ色のラインがおしりにくっきりと残ったことは言うまでもありません。(涙)
f0044892_4274722.jpg

でもやっぱり絶景ですね。
これらの絶景はほとんど人の手に寄る採掘跡だそうです。
f0044892_428842.jpg

村の建物はほとんど漆喰にこの黄土を混ぜ込んであるので、美しいオレンジ色です。
画廊やレストランなどが立ち並ぶ古い町並みは小さいけれどお散歩するにはぴったりです。
f0044892_4291546.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2012-11-05 04:22 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/18135970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-11-05 10:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mrs.W at 2012-11-05 20:05 x
(`ー´) クククッ  コブタちゃんらしいわ♪
しっかし、こんな色が自然にあるなんて。。。
気持ちまで明るくなりそうだね V(○⌒∇⌒○) ルンルン
Commented by xthneh5d at 2012-11-26 04:20
鍵コメ♪さん、こんにちは。
はい、すっかり背は伸びましたが、中身はあまり変わっていないですー。
Commented by xthneh5d at 2012-11-26 04:22
Mrs.Wさん、こんにちは。
ここに行く前から予想はしていたんですけど、やっぱりでした。
この赤い色もいろいろな色調があってなかなかでしたよ。