パリ近郊のカントリーライフ

プロヴァンスうろうろ記 ポン・デュ・ガール

まだまだ続く夏のハナシです。
アビニョン郊外の小さな村のBBを拠点にして、プロヴァンスの村々を巡りましたが、ここも以前から行ってみたいと思っていた場所でした。
世界遺産でもあるポン・デュ・ガールです。
f0044892_3341550.jpg
紀元前19年頃にローマ人によって建てられた水道橋です。
2000年も前にこんなすごいものを作っちゃったローマ人ってすごいですね。
すこしずつ傾いているそうで、あと2000年くらいすると倒壊してしまうそうですが、今の時代に4000年ももつようなものが作られているか?と思うと…ローマ人に脱帽です。
f0044892_334314.jpg
一番上を歩いて渡れるのですが、丁度行った時は閉まっている時間帯で渡れず。
それでも下から眺めるだけでもその大きさに驚かされました。
下の河原に降りて、見上げるとすごい迫力に圧倒されます。
この橋の下を流れるガルドン川で水遊びする人もあり、カヌーで下って行く人もあり。
駐車場のそばには新しくなった立派なビジター向けのセンターやお土産物屋、レストランも完備しています。
f0044892_3344613.jpg
私たちはここから足を伸ばしてフォンヴィエイユのドーテの風車小屋を訪れました。
村はずれの岩がゴロゴロの丘の上に建つ風車小屋ですが、よくよく注意書きを読んでみたら、これはドーデと同時代の風車小屋で作家とはまるで縁がないものでした。(ガクッ)
だいぶ以前にドーテの本のことを書きましたが、この場所で書かれた訳ではないけど、同じ地方に来てみると物語の空気が感じられるような気がします。
そうそう、風車小屋だよりはちゃんと持って来ていたんです。
これもまた旅の醍醐味ですね。
[PR]
by xthneh5d | 2012-11-25 21:33 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/18202253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mrs.W at 2012-11-26 07:11 x
大昔の自分のコメにキャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ
すっかり忘れてます。
水道橋・・・・芸術品だよね。
Commented by emilia2005 at 2012-11-28 01:12
ポン・デュ・ガール、圧巻ですね。夏のヴァカンスで行きましたが、一番上が閉まっている時間帯だったので歩けませんでした。ローマ人ってでかい建造物をあっちこっちに残してますね。
Commented by xthneh5d at 2012-12-03 07:49
Mrs.Wさん、こんにちは。
ようやくドーデの本の世界にやってきました。
水道橋を見ていると、時間の流れの中の一個人の人生の短さを思い知らされます。
またここに来ることがあるのかなー?
コブタはいつか誰かとここを訪れるかも知れませんね。
Commented by xthneh5d at 2012-12-03 07:54
emiliaさん、こんにちは。
すでに行かれたことがあったのですね。
イタリア人側から見るとどういう風に映るんでしょう。
かつてのローマ人達の残した建築物を誇らしく思われるのかしら?
仏人たちはあまりローマ人が作ってくれたとは思っていない様子でしたよ。