パリ近郊のカントリーライフ

プロヴァンスうろうろ記 アヴィニョン

旅の最後はレンタカーを返してアヴィニョンで過ごしました。
城塞に囲まれたアヴィニョンは69年に渡ってローマ法王を捕囚し、キリスト教の首都であった場所です。
1377年にローマへ法王さまが帰ってしまうまでは繁栄を極め、人口も一時は5倍まで増えたそうです。
歴史的な教会や建物は今も多数のこっていますが、今は穏やかな地方都市の風情。
アヴィニョンといえば、日本人でも知っている「アヴィニョンの橋の上で」が思い浮かびますね。
今も残るこの橋は流れの強いローヌ河にかかる橋ですが、17世紀に半分が落ちたままになっています。
f0044892_3434050.jpg

かつての法王さまの住処であった法王庁。
威風堂々たる姿です。
内部は日本語のオーディオガイドを借りて見学できるようになっていますが、どの部屋も今はがらんどうで、説明を聞きながら想像をめぐらせます。
f0044892_3442879.jpg

法王庁の塔からの眺め。
ひゃぁー、高いね。
f0044892_34589.jpg
上へ上へと登って行くと黄金のマリア像がアヴィニョンの街を見下ろしていました。
栄華を極めたこの街は今は夏の演劇祭でも有名な場所です。
次は演劇祭のシーズンに来てみたいですね。
f0044892_346531.jpg

だらだら続いた夏の旅行記、ようやく終わりです。
もう12月になり、あと1ヶ月もしないうちに例のシーズンが始まります。
今年は(今年も?)ダイエットに成功しないまま、強化月間に突入しそうな予感。
12月は何かと美味しいものを頂くことも多いですよね。
腹も身の内ですので、自制しつつ過ごしたいと思っております。
[PR]
by xthneh5d | 2012-12-02 03:42 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/18202260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mrs.W at 2012-12-03 16:27 x
建物の色が統一されてて落ち着いた雰囲気だよね。
レポートご苦労様でした v(・_・)ヾ('-'*) エライエライ
アッという間にクリスマスだよね。
今年のイルミネーションも楽しみだね☆

Commented at 2012-12-08 19:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。