パリ近郊のカントリーライフ

初詣はヴェズレーで

明けましておめでとうございます。
皆様、穏やかで楽しいお正月をお過ごしですか?

元旦しか休みにならないフランスは今ひとつ正月らしい雰囲気にならないのですが、我が家にしてはめずらしくオットも含めて3人が揃った元旦、世界遺産にも登録されているブルゴーニュ地方の巡礼地ヴェズレーに行ってきました。
f0044892_2018681.jpg

中世の街、ヴェズレーは丘の上に建つサン・マドレーヌ大聖堂を中心としたこじんまりとした街です。
急な坂道の参道の両脇には石造りの古い町並みが残っています。
いつもならギャラリーやお土産屋さん、レストランと参拝客でにぎやかな通りですが、お正月はどこもお休み。(フランスでは元旦はお店の人でも働かない日です)
坂道を上りきると目の前に聳える大聖堂。
いつ見ても堂々とした美しいお姿です。
9世紀にサン・マドレーヌ(マグダラのマリア)の聖遺物を納めるために建立されました。
ここからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼路の始点にもなっています。
f0044892_2018324.jpg
入り口のドアの上にある半円形の飾り部分は美術史の教科書やガイドブックにはもれなく載っているロマネスク様式の傑作です。(12世紀)
同じ時代の日本は平安時代、平清盛の時代ということは宮島の厳島神社建立の少し前くらいですね。
f0044892_20185556.jpg
彫刻は最後の審判の絵物語ならぬ彫刻物語。
字の読めない市井の人々はこの彫刻を見て、最後の審判を思っていたのでしょうね。
向かって左は天国、右は地獄へと神の手によって振り分けられ、それぞれ進んで行く様子が描かれています。
f0044892_20191455.jpg
天秤にかけられると筋肉質のちょっとユーモラスな鬼たちに魚の口の形の地獄の入り口へと追いやられて行きます。
私の目にはちょっとユーモラスに見えるけれど、その時代の人はどんな気持ちだったのかな?
f0044892_20193580.jpg
教会の内部は以前に来た時よりも修復が進んでいました。
内陣の彫刻が有名ですが、どれも白く洗われてすっかりきれいになっていました。
f0044892_20195854.jpg
審判のラッパを吹く天使。
一つ一つの彫刻を眺めているとだんだん首が痛くなって来てしまいました。(コリコリ)
f0044892_20201541.jpg
教会の裏手の公園のテラスからの眺めは遠く続くブルゴーニュの田舎。
巡礼者たちはここからの眺めを見下ろしてから、次の街へと旅立って行ったのでしょうね。
今でも休みを利用して巡礼の道を歩く人が多いフランス。
日本で言うならさしずめお遍路さんですね。
私もいつかスペインまで歩いてみたいなー。
[PR]
by xthneh5d | 2014-01-04 20:16 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/21227062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by la_mia_coccolina at 2014-01-06 07:19
xthneh5dさん、あけましておめでとうございます。
新しい年がxthneh5dさんとご家族にたくさんの幸せと喜びをもたらしてくれますように!

素敵な新年を迎えられたのですね。
フランスのこうした街は本当に魅力的ですね。旅行となるとどうしても限られてしまうのでなかなか訪れることが出来ませんが、こうして紹介して頂くと、ちょっと旅をした気分になるのでとても嬉しくなります。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

Commented at 2014-01-06 10:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Mrs.W at 2014-01-06 12:25 x
新年早々、すでにガレットをGetしてしまいました。
やはりフェーブはケーキの中には入ってなく、お好きなのを選んでください。って言われました。
去年に引き続きガレットが食べれて幸せ気分一杯♪
      。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル
Commented by Mrs.W at 2014-01-07 09:06 x
ガレットに興奮してしまい、肝心なことを書くのを忘れてました ヾ(--;)ぉぃぉぃ

↑の彫刻、本で見た記憶がないんだけど素晴らしいね。
地獄に向かう人たちの手の動きが、表情とともに感情を物語ってるわ。
相変わらず写真の構図が素晴らしい!! (^-^)//""ぱちぱち
Commented by xthneh5d at 2014-01-13 03:48
coccolinaさん、明けましておめでとうございます。
2014年がcoccolinaさんご一家に素晴らしい年になりますようお祈り申し上げます。
今年もあちこちふらふら出かけたり、おいしいものをたくさん食べたりできるために健康第一で過ごしたいと思っております。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
Commented by xthneh5d at 2014-01-13 03:50
鍵コメ♪さん、こんにちは。
日本は大変な寒波のようで、今年は今のところ暖冬のパリより寒中お見舞い申し上げます。
さすがお目が鋭いですね。
二人とも背丈があまり変わらなくなってきました。
私ははるか遠いチビのままです。
怒濤の日々始まりましたので、どうぞ今年もお付き合いお願い致します。
Commented by xthneh5d at 2014-01-13 03:53
Mrs.Wさん、こんにちは。
彫刻なのに感情が伝わるってすごいことですよね。
昔の人の技術の高さには驚かされるばかりです。
毎年毎年ガレットガレットと騒いでいるうちに、日本でも気軽に手に入るようになってきましたね。
これも毎年の啓蒙活動の成果かと満足しております。
今年も一層の啓蒙活動に務めますので、よろしくお願いいたします。