パリ近郊のカントリーライフ

ルーアン 駆け足散歩

今週末は金曜日が聖母昇天祭の祝日だったので、友達のMさんと木曜日の仕事の後からルーアンへ1泊のミニトリップに行ってきました。
キリンは家にいるからお友達と行って来たらといってくれたので、駆け足ながら子供抜きの女二人旅。
そんなことを言ってくれる年になったんですねえ。(しみじみ)

しみじみとしていたのは一瞬で、行ってもいいとなると気の変わらないうちにパパッと出かけましたよ。
パリからルーアンは列車で1時間半ほどなので、仕事が終わってからそのまま出発して、いつもの家に帰る時間よりもほんの30分遅いだけで到着です。
ルーアンの駅からだらだら坂を街の中心へ向かって歩いて行くと、ほんの10分ほどでルーアンの旧市街。
ノルマンディらしい木組みの美しい町並みです。

今回の旅行の目的はルーアン大聖堂のプロジェクションマッピングを見ることでした。
ホテルに荷物を置いて、予約しておいたクレープの店でゆっくり夕食を取った後、大聖堂前に行ってみると、思ったよりもたくさんの人が始まるのを待っていました。
あいにく雨が降って来たりしましたが、10時半過ぎにようやくスタート。(スタート時間は時期によって変わります)
去年はシャルトルのプロジェクションマッピングを見ましたが、ルーアンはジャンヌ・ダルクと印象派の2本だて。
そう、ルーアンはジャンヌ・ダルク火刑の街です。
f0044892_1402614.jpg

f0044892_140279.jpg

f0044892_1402995.jpg

f0044892_1403089.jpg

一夜あけて翌朝は青い空も広がって、お散歩日和。
昨日の幻想的な大聖堂は今日は聖母昇天祭のミサに集まる人でにぎわっていました。
f0044892_1402113.jpg

中はこんな感じ。
厳かなミサが執り行われていたので、邪魔にならないように・・・。
f0044892_1402281.jpg
夕方には帰るので、街をうろうろとお散歩しました。
木組みの美しい町並みと石畳ですっかり中世にタイムトリップです。
f0044892_1402330.jpg

有名な時計台通りは世界発の歩行者天国なのだとか。
残念ながら祝日でお店はほとんど閉まっていましたが、そぞろ歩きだけでも楽しかったです。
f0044892_1402565.jpg

お散歩して、お土産にノルマンディ名産のバターサブレと名物のジャンヌ・ダルクの涙という名前のチョコレートを買って、お昼を食べたらもう駅へ向かう時間。
24時間のミニトリップはもう終わり。
あっという間のシンデレラリバティでした。
[PR]
by xthneh5d | 2014-08-18 01:38 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/22754656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mrs.W at 2014-08-19 00:08 x
ルーアン。。。初めて知りました  メモメモ...φ(._.*)y-。o0
素敵な街ですねぇ。
キリンちゃんがしっかりしたのに驚きました。
Commented by gabbyna at 2014-08-22 07:59
ルーアン、素敵ですよね。実に聖母の被昇天の絵が大好きです。
是非行ってみたい場所でもあります。
Commented by xthneh5d at 2014-09-22 02:17
Mrs.Wさん、こんにちは。
キリンに言ってもらえたので、すっかり独身気分で遊んできました。
Commented by xthneh5d at 2014-09-22 02:19
gabbynaさん、こんにちは。
ルーアン、いいところでしたよ。
パリからそれほど遠くないので、1泊2日で丁度いいです。