パリ近郊のカントリーライフ

デンハーグへ その1 マウリッツハイス美術館

アムステルダムからかわいい黄色とブルーのツートンカラーのオランダ国鉄の列車に乗って、1時間弱でオランダの女王様がお住まいのデンハーグに着きました。
街は落ち着きのあるたたずまいで、国際機関の多い街。
雅子さまのお父様も今はこちらにお住まいのはずですね。
近代的な駅の前にはいきなり鹿がいる森林公園の森が広がっています。

f0044892_22531945.jpg
この街に来るのはもう5回目ですが、いつもお目当てはオランダ絵画のコレクションを誇るマウリッツハイス美術館です。
私にとって世界で一番好きな美術館。(といってもヨーロッパの美術館しか見ていませんが)
コレクションもさることながら、大きさが丁度いいんです。
ルーブルなど有名な美術館は数あれども、ゆったりと絵と向き合える時間が流れる素晴らしい場所です。

f0044892_22535386.jpg17世紀に建てられた貴族の館を改装した美術館です。
この前来たのは96年のフェルメールの大回顧展だったはず。
そうしてみると10年ぶり!
でも地図を見なくても、ちゃんと足が場所を覚えていてくれました。


f0044892_22542765.jpg今は『ルーベンスとブリューゲル展』の期間中でした。
オランダ絵画の二大巨匠ですが、いっしょに創作した作品が何点も残されています。
ルーベンスが人物をブリューゲルが回りの動物たちを主に描いているのですが、どうしても好きなブリューゲルの描いた動物の方に目が行ってしまいます。


f0044892_22575361.jpgf0044892_2258932.jpg

お目当てのフェルメールは有名な「青いターバンの少女」と「デルフトの眺望」の2点が所蔵されています。
レンブラントも有名な肖像画が何点も。
この絵に会うためだけにでも、何度でもこの街を訪れたくなります。

f0044892_22583195.jpgロイスダールの風景画を見るたびに、この雲って本当にオランダの空の雲だなあと思います。
この形、この色、この光。
画家の手で切り取られた一瞬を時を超えて今私が見ていること。
そして私の死んだあとも誰かがこの絵を見るだろうということも。
絵に出会えた幸せをしみじみと味わえるお勧めの美術館です。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-10 22:40 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://xthneh5d.exblog.jp/tb/3755019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tchaihuis at 2006-11-11 07:47
こんばんは。
デン・ハーグ、ビンネンホフに立つコブタちゃんを見ると、皆さんにお会いした日を思い出します。コブタちゃん、ほんとにかわいかった~♪
マウリッツハウス美術館はじっくり一点一点見て回れる規模で、企画展も毎回充実しているので私もお気に入り、一押しの美術館です。いいですよね~。実は「ルーベンス&ブルーゲル展」はまだ観ていないんです。来年までだから、とたかをくくっていると見逃しそうなので、そろそろ出掛けようと思っています。私のお目当てはブリューゲル!です。フェルメールの絵と再会できて、よかったですね!
Commented by Mrs.W at 2006-11-11 08:13 x
どこを見ても歴史を感じますね。
コブタちゃんも小さい時から本物の絵に触れて 大人になった時 感謝されるんでしょうね。
どんな大人になるのか・・・とても興味津々です ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪
Commented by gabbyna at 2006-11-11 11:53
名画は、時間を越えて何かを訴えてくるような気がしますね。好きな絵などは、その中に飲み込まれているような気がします。生で実際の本物を間のあたりに出来るのが羨ましいですね。
下の花屋さんの映像、やっぱりオランダってイメージにあってます。
Commented by sky-blue-feel at 2006-11-11 22:24
美術館は、あまり行く機会がないのですが・・8月に行きました。
いいものを見ることは、心を豊かにしてくれますね。
とてもいい刺激にもなるし。
写真展は、時々行くんですが、これもいいですよ。。海
Commented by vegepower at 2006-11-12 02:11
うわー。ほんとに素敵だなぁ。
心がすーーーっと、オランダの空に溶けていきます。
Commented by xthneh5d at 2006-11-12 08:07
tchaihuisさん、こんにちは。
今も写真や買ってきた画集をみながら、うっとりと思い出しています。
何度行ってもやっぱりマウリッツハイスは私のナンバーワンです。
また行きたいなー。またお会いしたいです。
Commented by xthneh5d at 2006-11-12 08:09
Mrs.Wさん、こんにちは。
いつかいっしょに絵を楽しめるときが来るのでしょうかね。
今のところは絵よりもだんぜんミニチュアランドですね。当たり前ですが。
どんな大人になるのかなあ???
まあ、元気が一番ですね。
Commented by xthneh5d at 2006-11-12 08:12
gabbynaさん、こんにちは。
ブラジルにもいい美術館がありますよね。
昔サンパウロ美術館のコレクション展を見に行ったことがあります。(日本でですが)
パリはあちこちに美術館があるのですが、人が多かったりしてすっかりご無沙汰です。
Commented by xthneh5d at 2006-11-12 08:13
海さん、こんにちは。
絵とか写真とかも一期一会を感じますね。
刺激やエネルギーをもらえるので大好きです。
写真展もしばらく行ってませんが、また行きたいです。
Commented by xthneh5d at 2006-11-12 08:15
vegepowerさん、こんにちは。
オランダの空と風の色が私の写真ではお伝えできないのがもどかしいです。
ぜひオランダに来て見て下さいね。
Commented by マスター at 2006-11-12 23:25 x
こんばんは。
絵を見て、そんな捉え方が出来るって言う部分に感動します。
オランダと言えばゴッホしか浮かばない私・・・勉強になります^^;
Commented by xthneh5d at 2006-11-13 21:43
マスターさん、こんにちは。
オランダといえばゴッホでしたね。アムスのゴッホ美術館も有名なのですが、今回はコブタ連れで美術館のはしごは無理で断念しました。
ゴッホも絵の前に立つと引き寄せられますね。ちょっと怖いかも。
Commented by musiqueespoir at 2006-11-17 13:29
よかったですね。しっかりした街に自転車がエリートの方々!!が乗っていますね。