パリ近郊のカントリーライフ

<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

森の遊歩道

休みの日の定番、森の散歩です。
落ち葉のうえにしましま模様。
これで午後2時ごろです。
日が低くなっていますね。
f0044892_16551969.jpg

見上げると枯木立の上に冬の空。
f0044892_1655407.jpg

森の中に整備されたまっすぐな遊歩道が伸びています。
夏は散歩する家族連れでにぎわっていましたが、今はすっかり静まりかえっています。
この日は1時間強の散歩ですれ違ったのは乗馬している人2人(+2頭)とイヌの散歩の一家族とぶらぶら歩きしていた3人。
すっかり貸切状態です。
f0044892_16555841.jpg

森の入り口に再生計画のボードが立てられていました。
この森は現在枯れてしまった木や込み入りすぎた木立を伐採しています。
そのあと計画的に植林され、植林後50年で若い森として再生するとのこと。
私たちの人生よりも長いスパンで自然を相手に仕事をしている人がいるんですね。
50年後に再生した森の姿を私は見ることができないけれど、コブタやコブタの子供たち(?)が見るのでしょう。
人の目にはなかなか触れることのない裏方さんだけど、夢のあるステキな仕事ですね。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-30 08:13 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(19)

オランダのこんなもの その3

オランダでは当たり前のもの。
でもパリでは見たことない!
初めて駅のホームで見たときはびっくりしました。
f0044892_6544931.jpg

駅の構内や街角に見かけるこの小さな窓の付いた自動販売機。
これはアツアツのクロケット(コロッケ)の販売機です。
お金を入れると窓が開くので、中に入っているクロケットを取り出します。
塩味がちょっと強めのアツアツコロッケがすぐ食べられます。
♪すぐおいしー、すごくおいしー♪
形は中身によって丸型や細長いものなどさまざま。
フランスで言うとフライドポテトでしょうか?
ところでパリの駅には花束の自動販売機がありますよ。(これも他の国から見ると珍しいかも)

おつぎは・・・
f0044892_6551924.jpg

窓拭きおにいさん。
外から2階の窓を磨いていました。
そのあとモップ(?)をさらに長くして3階の窓も拭き始めたのでビックリ。
そのままいたら4階も拭いたかもね。
いつまでも見ているとヘンなアジア人に見られそうなので立ち去りました。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-28 06:54 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(15)

朝露の・・・

今朝は16度。
どうしちゃったの?というあたたかさです。
朝窓を開けて空気を入れ替えると、外の方が暖かいくらいでした。
庭の葉っぱに朝露がみずみずしく揺れています。
まるで春みたい・・・。
f0044892_6523349.jpg

長靴のくるぶしまで朝露でぬれてしまいました。
日本も暖かい日が続いているようですが、フランスも例年なら雪が降ってもおかしくない時期なのに。
f0044892_6525530.jpg

露がまるで塩の結晶のように見えるこれはなんでしょう?
f0044892_6531329.jpg

答えはビロードのような葉っぱに露がついているところ。
きらきら輝いていました。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-26 06:51 | 季節の便り | Trackback | Comments(5)

ひなたぼっこ

f0044892_2316252.jpg

初冬の日を浴びてうちのじいさんネコ2匹が家の前でなごんでいると・・・







↓スクロールしてください









「ハァーイ! おじいちゃんたち、元気だったぁ。遊びにきてあげたわよーん。」





↓スクロールしてください













f0044892_23164316.jpgこの子はとなりのおじさんちの雌ネコ(推定4歳)クラリネットです。推定というのは、迷いネコだったため。
ある日突然に我が家のキッチンの窓辺に「ちょっとぉー、アタシにごはんちょうだいよー。」現れました。
うちはすでにネコが4匹いたので家に入れなかったのですが、隣のおじさんが「あのコはお宅のコじゃないの? じゃあ、うちのコにしちゃおうかな。」と受け入れてくれました。
(おじさんは音楽好きでネコの名前は楽器から)
やさしいおじさんの愛につつまれて、すっかりわがままお嬢様に育ったクラリネット。
f0044892_23162591.jpg

「アタシこの頃太っちゃってぇー。ストレッチしてんのよ。ホラホラ見て見てー!」
じいさんネコ2匹のまえで一人はしゃぐクラリネットです。
となりのおじさんが10月にカナダ旅行に行っている間にはうちでごはんを食べていたのですが、おじさんが帰ってきてからも相変わらずやってきます。
そりゃあっちでもこっちでも食べてりゃあ太るでしょう。
「パパがね、アタシは世界で一番かわいいネコだって言うのよぉー。うふふ。」

f0044892_2317027.jpg

ふーん、そうかいそうかい。
さすがのビグディもちょっと迷惑そう。
我が家のじいさんネコたちにはちょっと刺激が強すぎるかも。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-25 23:14 | ネコたち | Trackback | Comments(8)

オランダのこんなもの その2

f0044892_23295796.jpg
まだ続くオランダネタです。
デンハーグの書店の広告。
・・・MURAKAMI・・・
アルファベットでも日本語は向こうから目に飛び込んできますね。
(無意識に読もうとしているんですね)
村上春樹の「海辺のカフカ」の広告でした。
ヨーロッパでも村上春樹は人気があるんですよ。
フランスでもほとんど翻訳されています。
私もハルキファンの一人なので、思わぬところで知り合いにすれちがったようで、ちょっとうれしくなりました。



f0044892_2330941.jpg
これは駅構内のコンビニ(?)で売っていたペットボトル。
「仮の名前」 「買ったらあなたの物に」???
意味不明な日本語が並んでいます。
その割にはちゃんとしたロゴですね。
ヨーロッパは最近漢字がブームらしく、服や小物のプリントに使われていることがありますが、漢字が反転していたり、意味不明なことが多いです。

知り合いの子供(12歳くらい)がプリントされた「東京製」という字を「日本語だから読んで!」とうれしそうに聞いてきた時はちょっと困りました。
(若者向けのおしゃれっぽい服だったのですが)
それに比べればこれは許容範囲内ですね。
セーフ。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-23 23:28 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(10)

初冬の森へ

雨の日曜日。
午後遅くなってからようやく雲が切れてお日様の光が差して来ました。
せっかくの日曜日、夕日が沈んでしまう前に近くの森にお散歩に行ってきました。
f0044892_23504025.jpg

夕日を浴びて森が金色に輝いています。
落ち葉が積もった道をどんどん森の奥に向かって歩いていきます。
f0044892_2351993.jpg
これは杉苔の一種でしょうか。
落ち葉に埋もれながらもみずみずしい緑色が目に鮮やかです。
霜にあたっても、雪に埋もれても緑色のまま春を待ち続けます。

f0044892_23512357.jpg
落ち葉の下でどんぐりが根を出していました。
無数のどんぐりたちが落ち葉の下で根を張っている姿を想像すると、冬枯れの森に満ち溢れる生命のジャングルの真ん中に立っているんだなあ・・・としばしため息。

f0044892_23513549.jpg

見上げた大木のようになれるのはもちろんほんのわずかだけですが、緑にあふれた密林を頭の中で描いていました。
秋の夕日はあっという間に傾き始めました。
森のしんと冷たい空気を胸いっぱいに吸い込んだら、暗くなってしまわないうちに家に戻りましょう。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-22 23:49 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(12)

オランダのこんなもの その1

オランダ旅行の様子はお伝えしましたが、まだまだオランダで見かけた 「?」 なものが残っています。
旅行中は目が慣れていないので、その土地のちょっとしたことにずれを感じますよね。
そんなときに撮っておいた写真をいくつか出してきました。
(他の方から見るとなんの変哲もない普通のことなのかもしれませんが)
f0044892_2116792.jpg

これはオランダ名物(?)魚のサンドイッチを売るスタンドです。
フランス人から見るとこれはかなりです。
みんな頭の中でサンドイッチのパンに丸ごと1匹の魚が挟まっているのを想像します。
フランス人は「ウエー」と思います。(寿司だってようやくこの頃普及してきたばかり)
スタンドの前にはセルフサービスのピクルスのビンが並んでいました。
このピクルスが赤ちゃんの腕くらいある大きさで、私はそっちのほうが「おおっ!」と思いました。
誰かが食べるところを見たかったのですが、残念ながら時間帯が悪かったようです。

f0044892_21162427.jpg
スタンドのとなりでおこぼれを待っていた鳥。
動物園にいてもおかしくないような立派なお姿ですが、人間が怖くないらしく堂々としていました。
コブタがおっかなびっくり近づいても全然平気。
「なんや、われ。 文句あんなら勝負したろか?」とでもいいそうな鋭い眼光。
怖いもの知らずのコブタもタジタジでした。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-20 21:12 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(8)

IKEAでお買い物

日本にも進出したイケアに久しぶりにお買い物に行ってきました。
お店が広くて楽しいので本当はもっとしばしば行きたいのですが、イケアマジックでいつも余分なものも買ってしまう私はなるべく近づかないようにしています。
今回は8月末に入れ替わる新製品のチェックとテーブルクロスを買いに行きました。
でも絶対余分なものは買わないからね!!!(と自分に言い聞かせる)
f0044892_0191499.jpg

日本ではどんな店舗構成なのか知らないのですが、フランスの(おそらくヨーロッパはほとんど)イケアは2階建てになっています。
入り口すぐのところには受付と子供を預かってくれるスペース(ここに一度でいいからコブタを預かってもらいたいのですが、コブタはうんと言ってくれません)があり、エスカレーターや階段で2階に上ります。
2階の入り口にはモデルルーム風にいろいろなスタイルで製品がセッティングされた部屋があり、その向こうにソファからベッド、キッチン、子供部屋などなどの商品が並んでいるコーナーをぐるぐる歩いていくスタイルになっています。
2階の最後部分に広大なカフェテリアがあり、イケアの製品(椅子テーブル食器)を実際に使っています。
カフェテリアの横から階段をおりて1階には上で展示されている商品を実際にカートやかごに入れていき、最後のレジ前の更に広大なスペースに自分で運べるサイズの家具などが並んでいる巨大な倉庫があります。
自分では取り出せないような大きなものはレジの向こうに受け取りカウンターがあり、そこで支払済みのレシートを見せて受け取ります。
とまあ、とにかく半端じゃなく広いのよ。ちょっと見て15分でお買い物なんていうのは、よっぽどのイケア上級者でなければ無理です。
一般ピープルは最低1時間半、カフェテリアも含めて半日がかり(?)もありえます。
f0044892_0194165.jpgf0044892_0203368.jpg

これは照明器具のスペース。
全体に照明が落としてあり、色がきれいに見えます。
こんな風に見るとみんなほしくなっちゃいますね。
f0044892_021624.jpgf0044892_0212232.jpg

クリスマスコーナーも設置されていました。
さすが北欧のクリスマスという感じで、飾りもフォークロア風のものがあり素敵です。
こういうのを見るとついついイケアマジックで余計なものも買っちゃうんです。
ダメダメ!買っちゃダメ!目を覚ますのよ。
f0044892_022820.jpg
せっかくなのでコブタとカフェテリアでお食事。(やっぱりイケアマジックにはまっています)
ここのカフェテリアは安くて美味しいのでお勧めです。
コブタにはお子様メニューのミートボールとフリット(フライドポテト)。
スモークサーモンも安くておいしいので、満足。


f0044892_0235049.jpgf0044892_0244370.jpg


結局お目当てのテーブルクロスはいいものがなくパス。
今回買ったのはこのオトボケなネコのモチーフがかわいいブランケット。
(ブランケットなんて要らないじゃん!やっぱりはまっている)
でもカワイイんだもーん。
f0044892_025482.jpg
それからタコの形の小物干し。
こちらにはあんまりこの手の小物干しがないんです。(ということにしておきましょう)
行ったら絶対何も買わずには帰れないイケアマジックでした。
(私ってやっぱりダメ人間ですわ)
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-19 00:16 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(11)

ボージョレーヌーボーです

ちょっと遅れてしまいましたが、木曜日はボージョレーヌーボーの日でした。
日本でもすっかりおなじみですが、こちらでも当日はあちこちのカフェやレストランに「ボージョレー入荷しました」 のポスターが。
これはヮインショップのチェーン店 「二コラ」 のポスターです。
イラストがかわいかったのでパチリ。
f0044892_7415610.jpg


ワインの専門家や根っからのお酒好きの方はもちろん0時を待って、さっそく試飲ということになるのですが、一般のフランス人はこの日のランチに一杯め。
(お昼でもワインを飲むのはごく当たり前のフランスです。はじめてフランスで働き始めた頃、同僚の日本人も当たり前のように昼休みにワインを飲むので驚いたことがありました。)
夜は一本仕入れて、家路を急ぎます。
下戸の私はまったく蚊帳の外なのですが、町中がうかれていると「ああ、もうこんな時期なんだ」と思います。
冬時間になって、ボージョレーが出ると、本当に冬本番です。
パリはこれからノエル(クリスマス)に向かってまっしぐら。

f0044892_7425216.jpg
下戸の私にも頂きもののボージョレーが回って来ました。
今年はフォーションです。
「うちは誰も飲まないから、酒の好きな人にあげる」 と言うと「a bon?(あ、そう?)」と目を剥くフランス人。
ワインがなくて何のための人生よ?とでも思われてるのかなあ。
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-18 00:13 | パリのあれこれ | Trackback(1) | Comments(9)

ネコ科動物園へ

はいはい、収穫農場のあとはもちろんネコ科動物園へ行きましたよ。
せっかく年間パスを買ったんだから、せっせと通います。
ぐっと寒くなったパリ郊外、みんな元気かな?

f0044892_0421959.jpgf0044892_0445851.jpg


ヤギちゃんたち元気だったー?
(まだ食べられてなかったね。よかったよかった?)
コブタはヤギちゃんたちにさわりまくり。
あれれ?お腹がおっきいね? もしかして赤ちゃん?
ヤギの出産って春じゃないのかな?

f0044892_0473790.jpg

ジャガーも元気。

f0044892_0475275.jpg

ライオンさんも元気。
遠くからも雄たけび(?)が聞こえました。

f0044892_048657.jpg

トラさんも。

f0044892_0482056.jpg

シロタも元気だったかい?
これから雪が降る頃にはみんなどうするのかな?
[PR]
by xthneh5d | 2006-11-16 00:39 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(12)