パリ近郊のカントリーライフ

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

田舎のハローウィン

10月最後の日。
田舎村でもハローウィンのお菓子を求めて村の道をうろうろする子供たち。
コブタを大急ぎで余暇センターでピックアップして、ご近所さんの女の子ばかり6人とお菓子をもらいに近所を回りました。

f0044892_5173626.jpg
下は4才から上は10才までが『菓子くれー』と騒ぎたてると、ちゃんと門のところでお菓子を配ってくださるやさしいご近所さん。
すみません夜分に・・・。

f0044892_51875.jpg
天気も悪く、寒いので本当に15分ほどでしたが、それでもこの収穫。
本当はこの2倍はあったのですが、歩きながらみんな食べました。
これじゃあ今夜は夕飯いらないね。


[PR]
by xthneh5d | 2008-10-31 05:15 | 季節の便り | Trackback(2) | Comments(16)

秋深し...

ニースは明るい南の光に満ちてまだまだ夏気分でしたが、帰ってきて写真をぽーっと見ているうちにもパリはどんどん秋が深まり、あれよあれよという間に冬時間、10月ももうすぐ終わり。
日はどんどん短くなり、朝起きても夜帰っても暗い暗ーい田舎の我が家・・・。〔涙〕
でも秋は秋のおいしいものが出てきて、食い気一辺倒の私にはたのしい季節でもあるのです。
そしてこの季節になると恋しくなるものは栗ごはん。
あちこちのサイトでおいしそうな栗ごはんを見てたまらなくなり、ずぼらな私も今年は作ってみましたよ。
f0044892_5115283.jpg

どうっすか?
実はむき甘栗を使った簡単栗ごはんなんですが・・・。
あちこちのレシピを参考にして、もち米の代わりに十穀米を多めに入れてみました。
むっちりとおいしくできましたよ。
海外組の皆様もお試しください。〔心は日本の秋〕
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-28 05:07 | 季節の便り | Trackback | Comments(18)

ニース週末旅行 その6 南仏のネコたち 

犬も歩けば棒にあたり、私が歩くとなぜか猫にあたります。
今回の旅でも探しているわけでもないのに、やっぱりあちこちで猫に出会いました。

f0044892_5101175.jpg
このコはヴァンスの小路で出会いました。
呼んでもいないのに足元にまとわり付いてきて愛想を振りまいていました。
きっと大切にされている猫なんでしょうね。


f0044892_5103732.jpg
このコもヴァンスで。
おうちの前でおすまし顔でポーズ。

f0044892_511428.jpg
サンポールの古い石造りの家の梁部分に彫られていた飾りのネコ。
左側は舌をしまい忘れたのかしら。
きっと100年はこの場所で通る人を眺めているのでしょう。


f0044892_5114472.jpg
サンポールで。
ふと気が付くとガラスのない窓から顔を出して、行き交う人を眺めていました。
通る人が声をかけたり、頭をなでてもぜんぜん平気で知らん振り。
そこもいかにもネコらしくて、ネコ好きにはたまりません。


f0044892_512679.jpg
このコは何を見てるのかしら?
何か獲物を見つけたのかな?







お土産屋さんの店先の置物でした。
このお店はネコ好きの女主人のセレクションのネコにあふれていました。
f0044892_5131080.jpg

だらだら更新でひっぱり続けた週末旅行もようやく終わりです。
長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。
気が付けば今日から冬時間になり、すっかり晩秋らしくなったパリ近郊です。
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-26 05:04 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(14)

ニース週末旅行 その5 サンポール編

ヴァンスでお昼を食べたあと、又バスに乗り込んで10分ほど山道を下って、もうひとつの鷲の巣村サンポールを訪れました。
ここも典型的な南仏の鷲の巣村らしく、バス停のある道から城壁の向うに石造りの家並が見えます。
f0044892_23321853.jpg

村の入り口には古くからのカフェ、そしてその前はペタンク場。
写真の奥に見える建物は昔の洗濯場の後を改装して地元の野菜や果物を売る小さな八百屋さんになっていました。
確か2年前くらいにSMAPXSMAPでキムタクと慎吾くんがここにペタンクを見に来たんじゃなかったかな?
フランスの国技(?)とも言えるペタンクは数人で組になり、先に投げた小さな目印の玉めがけてそれぞれが鉄の玉を投げ、一番近くに寄せたチームの勝ちという単純なゲームですが、やってみると駆け引きもあり奥が深いゲームです。
これをあーでもないこーでもないとおしゃべりしながら延々とやるのがフランス流。
カフェのテーブルにそれぞれの飲み物を置いて、時々グビリとやりながらずーっとやってました。
f0044892_23331489.jpg
f0044892_2341379.jpg
門をくぐって村に入ると、細い坂道が小石のモザイクで覆われていました。
長い間たくさんの人がこの道を辿って行ったのでしょう。
敷き詰められた小石の表面はピカピカに光っていました。

f0044892_2342641.jpg


迷宮の奥へ
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-25 23:27 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(8)

ニース週末旅行 その4 ヴァンス編

一夜あけて翌日はバスでニースの外の村を訪ねました。
南仏の山には鷲の巣村と呼ばれる険しい山肌を利用して築かれた古い村々があります。
中世以前から敵の攻撃を避けるため、発見されたり攻撃されにくい場所に村を築き、さらに回りを城壁で囲んだ古い石造りの村がニースの周辺に点在していますが、今回はその中から2箇所の村を訪ねてきました。

ニースから路線バスに乗り約1時間、山道をぐんぐん登って着いたのがヴァンスです。
f0044892_18254093.jpg

険しい山の上に築かれた鷲の巣村。
ヴァンスは古い村の周りがかなり開発され、裏側から見ないと鷲の巣村らしくありませんが、スーパーやお店が立ち並ぶ新しい町を抜けて、城壁をくぐって古い町に入ると細い石畳の道が迷路のように続きます。
f0044892_18264689.jpg
ギャラリーやお土産屋さんのある細い道を辿っていくと、急に小さな広場に出たりして、散歩には最適です。

観光客向けの八百屋さんの軒先にはピカピカのトマトが・・・。
こんな風に見るといつものトマトもまるでオブジェのようです。
f0044892_18275821.jpg


ラベンダーもボウルにてんこ盛り。小さな袋に詰めたものも、量り売りもお気に召すまま。
f0044892_182941.jpg


小さなバラのつぼみのポプリ。芳しい香りがいっぱいでした。
f0044892_2020016.jpg


カメラを手に小道を辿って迷路の中へ進みます
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-21 18:18 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(14)

ニース週末旅行 その3 旧市街編 sanpo

市場から『ここで本当に間違いないの?』と思うような細い小路に足を踏み入れると、そこがニースの旧市街です。
海岸沿いの開放感にあふれた太陽の降り注ぐニースのイメージとは違って、奥に進めば進むほど細い細い小道が迷路のように入り組む旧市街は、かつては外敵の侵入を防ぐためのつくりだったという話も聞きました。
今はたくさんの観光客がそぞろ歩きを楽しんでいます。
f0044892_5594525.jpg


f0044892_621173.jpg
上を見上げるとよろい戸が閉まっていますが、一部分が上に向かって開くようになっており、こうして夏の太陽を防いで風を通すようになっているんですね。
北フランスのよろい戸はもっぱら防犯防寒ですが、南では太陽の光をさえぎるためのもの。
さらにイタリア、そして北アフリカへと窓の大きさもよろい戸もその土地の気候に合わせて変わっていきます。
妹尾河童さんの『河童が覗いたヨーロッパ』にも北欧から北アフリカまでの窓の大きさの違いの話が解りやすく解説されていました。

あんなところに大きな植木鉢がならべてあります。
地震列島生まれの私が見ると、『地震が来たらあぶないのに・・・』とついつい余計な心配をしてしまいますが、地震のないフランス(一部スイス国境の方にはありますが)では心配ご無用。
でも水遣りの時はどうするんだろう???


旧市街もフォトジェニックなものがいっぱいです
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-19 05:56 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(14)

ニース週末旅行 その2 市場編 sanpo

ニース名物といえば温暖な気候と紺碧の海岸。
プロムナードデゾングレ(英国人の遊歩道)と呼ばれる全長2キロに及ぶ海岸線の遊歩道には、ネグレスコを始めとする高級ホテルが立ち並び、世界各地からセレブたちが太陽を求めてやってきます。

今回は同時期にデジタル一眼レフカメラを購入したMちゃんとの撮影強化合宿なので、ふたりでどんどん写真を撮ろうとフォトジェニックなものを求めて市場にやってきました。

f0044892_1850357.jpg

ちょっと上から見下ろした市場の様子。
回りの建物がパリとはまったく違うスタイルで南っぽいですね。
憧れの地中海スタイル・・・。
市場は花市と食品市に分かれていますが、観光客向けだけでなく生活に密着しているようで、籠やショッピングバッグを抱えて買い物する地元の人の姿もよく見かけました。
観光客はもちろんたくさんいましたよ。
日本人はもちろん、イタリア人が多いのに驚きました。
車で国境を越えてすぐだからなのでしょうが、なぜわざわざ物価の高いフランスに来るのか不思議・・・。
イタリアには南の野菜や果物がたっぷりあるのになぁ。

f0044892_1982555.jpg

市場の中は人人人ですが、見るものみんな欲しくなっちゃうものばかりでした。
といっても持って帰るには都合の悪いものばかり。
オリーブオイルなどは機内持ち込みできなくなってしまったので、泣く泣くあきらめて写真を撮るのに専念しました。

それでは市場へGO! (長いですよー)
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-16 18:43 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(18)

ニース週末旅行 その1 到着編

仕事の後、そのまま空港へ移動。1時間のフライトで黄昏のニースへ・・・。
パリの肌寒さと打って変わって、海の香りするのやわらかな夜風が甘く感じられます。
f0044892_22481138.jpg


そして一夜明けると
f0044892_239488.jpg

キッパリと青い空の色!
もう10月なのにまだ夏を思わせる日差しの強さ、やっぱり南だなーと感じさせます。
朝食を済ませて街歩きに出かけます。
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-14 22:26 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(12)

行ってきました

あっという間にもう帰って来てしまいました。
1時間のフライトで行ってきたのは・・・

正解は・・・
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-13 05:37 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(7)

ちょっとおでかけ

f0044892_21565621.jpg
コブタとオットにお留守番してもらって、ちょっと週末パリを脱出してきます。
パリから南へ太陽を求めて・・・。
おいしいものを食べて、たくさん写真を撮って、のんびりしてきます。

さて、ここで問題です。
私はいったいどこへ行くのでしょう?
ノーヒントで見事正解された方には何かステキなものを差し上げます。
それではいってきまーす。

*注)写真はイメージです
[PR]
by xthneh5d | 2008-10-10 20:26 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(19)