パリ近郊のカントリーライフ

<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

すみれの花咲く頃

うちの庭の片隅にすみれが毎春花を咲かせます。
最初はほんの一株ほどだったのですが、毎年少しずつ増えてきました。
いつか一面紫のじゅうたんのようにならないかなーと思っているのですが、まだだいぶかかりそうですね。
ともあれ、この紫の小さな小さな花が咲くとそろそろ春の花たちが開き始めます。
今日はちょっと摘んで、以前にフリマで買ってきたリキュールグラスに飾ってみました。
f0044892_7451337.jpg

いつものテーブルに春の風が吹いたような気がしますね。
3月も今日で終わり、明日は4月1日です。
フランスでは4月1日はポワソンダブリル(4月の魚)と呼ばれます。
その話はまた次回に。
[PR]
by xthneh5d | 2009-03-31 07:44 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(4)

早春のリュクサンブール公園

三寒四温じゃなく、四寒三温くらいに季節が逆戻りして寒かった先週ですが、日本から来られた方といっしょに久しぶりにリュクサンブール公園を散歩してきました。
午前中の雨がようやく止んだものの、まだまだ冷たい風が吹いていましたが、レンギョウの黄色い花が満開でした。
f0044892_651643.jpg


鮮やかな黄色が一番に春を告げるように咲き誇っています。
f0044892_66132.jpg


桜にはまだまだ早いと思っていたら、1本だけ満開の桜がありました。
種類が違うのかなー。
f0044892_672926.jpg


日本人の春には桜が欠かせませんね。
卒業、別れ、入学、入社、新生活のスタートなどなど。
懐かしい人の顔が浮かびます。
f0044892_68127.jpg


こちらではピンクの八重桜が多いんですよ。
見ごろは4月末ころでしょうか。まだちょっとかかりますね。
[PR]
by xthneh5d | 2009-03-29 06:01 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(8)

些細なことですが・・・

公園のオブジェの写真を撮っていて、ふと気が付きました。
欧米の白人の鼻の穴は縦型、アジア人の鼻の穴は丸型。
コブタは・・・今のところ私の血の方が強いようですね。
f0044892_5405994.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2009-03-28 05:36 | こんなもの | Trackback | Comments(14)

四つ葉のクローバー

温かくなると外に飛び出すのは猫ばかりではありません。
日も長くなったし、この方も学校から帰って来てから、夕食までしばらく外で遊べるようになってきました。
庭のどこかでずーっと静かにしているなと思ったら、『あった、あった。見てー。』
四つ葉のクローバーを探していたんですね。
f0044892_7151873.jpg


どれどれ、見せてごらん?(汚い手だなー)
うーん、どうやら本当の四つ葉のようです。
これからどんどん外遊びが楽しくなる田舎暮らしです。
f0044892_716737.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2009-03-26 07:13 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(10)

10ヶ月のチビネコ

春らしいうららかな日が続き、うちの10ヶ月のチビネコたちも外で過ごすことが多くなりました。
冬でももちろん外には出ていたのですが、ぽかぽかお天気に誘われて、庭に来る鳥を狙ってみたり、木登りしてみたり、日当たりのいいところを見つけて昼寝したり。
時にはご近所の大人ネコに喝を入れられて逃げ帰ってくることもありますが、自然のなかでのびのびと成長しています。
私達が家にいる週末ともなれば、家の中に入ってくるのは食事の時と夜コブタの部屋で寝るときだけです。
それぞれ思い思いに過ごしているかと思えば、追いかけっこしたりと、兄妹(姉弟かもしれませんが・・・)っていいですねぇ。

今日は洗濯物干しの足元にある猫達のお気に入りの爪とぎの場所を巡って、仁義なき戦いが・・・。

『ちょっと、ネーちゃん、うろうろすると怪我するぜ』
『なによ、手をどけてよ』
f0044892_7542138.jpg


『おとなしくしてればいい気になってー!(怒)』
f0044892_7545235.jpg


『何すんだよー』
『キィーッ!』
f0044892_7551792.jpg


『ちょっと、タイムタイム、ひどいと思わない?かわいいボクにそんなことして』
『え?そうかしら?私としたことが・・・(コホン)』
f0044892_7554818.jpg


『隙あり!ガブガブ』
『キャー、やめてぇー』
f0044892_7562298.jpg


『もうぉー、知らない!ぴょんのバカー!』
『まてまてまてー』
f0044892_7565161.jpg


こんなことを一日中繰り返してます。
[PR]
by xthneh5d | 2009-03-22 07:45 | チビネコレンジャー成長記 | Trackback | Comments(7)

春は足元から・・・

まだまだ夜明けには車のフロントグラスが凍るパリ郊外ですが、日中は春を思わせるうららかな晴天が続いています。
日本ではもう梅は終わって、南から桜の便りが聞こえるころですね。
我が家のまわりの桜の木はまだまだつぼみが固いですが、少しずつ日が長くなり、気温が上がり始めると一気に緑が萌えはじめます。
これから水仙、レンギョウ、スミレなどが一気に咲き始め、そのあと梅、桜、りんごと木々も花を一気に咲かせる季節になります。
f0044892_612065.jpg
桜の木の上に広がる青い青い空、それだけで気分がウキウキとしてきますね。
長い冬のあとはほんの少し気温が上がっただけでも、みんな薄着になって、まだまだ気温が低いのに外へ飛び出して庭仕事をはじめます。
ご近所さんとの話題はもっぱら庭の花のこと、今年の家庭菜園の種まきや苗の話が多くなりますね。

一番早い春は足元から始まります。
いつの間にやら枯葉の間から春が顔を出してました。
f0044892_621972.jpg


北ヨーロッパに春を告げるクロッカスの群生です。
誰もが忘れていても、ちゃんと春になると顔を出してくれます。
f0044892_633996.jpg

長く厳しい冬のあと、新しい春の始まりです。
[PR]
by xthneh5d | 2009-03-17 05:57 | 季節の便り | Trackback | Comments(10)

コルシカ旅行 あれこれ

ようやくコルシカ旅行記も終わりです。
最後にあれこれ撮ってきた写真を・・・。

コルシカは平野が少ないため、本土のような大規模農耕に適さず、名物といえば豚肉の加工品、つまりハム・ソーセージの類です。
これは名物のハムとサラミの盛り合わせ。
コルシカの豚は栗をたべて太るそうです。(スペインの有名なイベリコ豚はどんぐりですね)
安くてとてもおいしくて、前菜といえばこの盛り合わせをせっせと食べました。
f0044892_21271263.jpg


そして名産の栗を使ったジャム。
きんとんとは違うのですが、これもおいしかった。
他には栗を粉にして焼いたお菓子もたくさんありました。
f0044892_21293822.jpg


いつものことですが、私が歩くとネコに当たるというわけで、コルシカでもよくネコを見かけました。
でもみんななかなか触らせてくれませんでした。(涙)
これはボニファシオの街のネコ。
f0044892_21275849.jpg


この子たちは山の村で見かけたネコ。
似た模様だね、兄弟かな?
f0044892_2129106.jpg


海辺でも山の松林でも野生のクロッカスが咲いていました。
コルシカは一足先に春でした。
f0044892_21314958.jpg


緑あざやかな森、そして明るい光に満ちた海辺と、魅力的なコルシカでした。
今度は泳げる時期に行ってみたいなー。
f0044892_21323856.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2009-03-15 21:15 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(6)

コルシカの海

まだコルシカの写真が残っています。もうちょっとお付き合い下さい。
山はもちろんですが、やっぱり海!
海の近くで生まれた私ですが、パリ近郊に住みはじめてからは1年に数えるほどしか海を見ません。
いつか海の近くに住みたいなー。

内陸育ちのコブタもやっぱり海が好きです。
海岸に来ると走る走る。
まるで犬みたい。
f0044892_20533655.jpg


f0044892_2054758.jpg


f0044892_210367.jpg


f0044892_20543928.jpg
ざぶーーーん

f0044892_2111616.jpg


f0044892_2115840.jpg


f0044892_2151636.jpg


これは海でなく、借りていたアパートの裏の湖の夕暮れです。
また行きたいなー。
f0044892_2161960.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2009-03-12 20:50 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(6)

冬のブロカント

このところ週末にすっきり晴れてくれないのですが、天気のよい日曜日はいつものブロカント(フリマ)めぐりを楽しんでいます。
田舎の村のブロカントといえば春から秋のものだったのですが、ここ数年は真冬でもあちこちで開かれるようになってきました。
はずれる時も多いけれど、人が少なくて歩きやすいこともあって、サイトでチェックしては車で1時間以内であればドライブも兼ねて出かけます。
これは先々週の久しぶりにすっきり晴れた日のブロカント。
f0044892_7272223.jpg


ごちゃごちゃと並べられた中にかわいいリキュールグラス発見。
下戸のくせにこんなのを見ると欲しくなっちゃいます。
鏡になっているトレーもステキ。
f0044892_7311488.jpg


私の大好きなガレットデロワのフェーブもコレクターが多いんですよ。
これ専門の市が立つほどです。
ブロカントに出店している人の中には必ずフェーブだけを売っている業者がいます。
専門の木の箱にきちんと分類されて並べられていますね。
1個1ユーロ程度のものはこんな風に選べるようになっていますが、価値の高い物はガラスケースに入れられていて、遠くから拝ませていただきます。
f0044892_7321666.jpg


今回は大物がなく、私が細々と集めている昔の企業宣伝用のキーホルダーを数個買っただけでした。
春になるとブロカントもあちこちの村で一斉に行われるため、ハシゴしたりすることもあります。
早く春にならないかなー。
[PR]
by xthneh5d | 2009-03-10 07:13 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(6)

3月9日

今日は3月9日、サンキューの日ですね。

コアラママのおかげで、朝起きてすぐ気が付きました。
教えてくれてありがとう!
いつものようにコブタを起こしに行って、心をこめてHUG。
生まれてきてくれてありがとう!

今日は1日幸せな気分で過ごせそうです。
レミオロメンの3月9日、大好きです。

うまくは行かぬこともあるけれど
天を仰げばそれさえ小さくて


瞳を閉じればあなたがまぶたの裏にいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私もそうでありたい
[PR]
by xthneh5d | 2009-03-09 20:43 | Trackback | Comments(6)