パリ近郊のカントリーライフ

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シャンティイ城

パリの北にあるシャンティイ城へ行ってきました。
f0044892_6453146.jpg

14世紀に建築されたものですが、建て増しされたり、フランス革命で破壊されたりで、今の形に再建されたのは19世紀。
城の周りは広大な森が広がり、かつての王や貴族の狩場でした。
この城のとなりにそのための大きな厩舎があり、今は馬の博物館になっています。
その隣には現在も使われている競馬場もありますよ。
とにかく広くて車でないと大変です。
初めてフランスに来た頃、国鉄で来た事がありましたが、駅から城の入り口まで軽く20分はかかってしまい、それだけでヘトヘトになってしまった記憶があります。

f0044892_648555.jpg
かつては何十頭も馬が並んでいたであろう場所にずらりと時代ごとの馬具を付けた展示が並んでいます。
古の王侯貴族の時代の馬車から戦争に使われた軍馬、そして現代までとギャラリー式に並んだ様はなかなか壮観でした。

f0044892_6491285.jpg
これはアメリカのカウボーイの鞍なんだそうです。(コブタ談)

f0044892_650645.jpg

一番奥に馬術のショウを見せるスペースがあります。
お客が席に着く間にぐるぐる回っていたこの赤い制服のお姉さんは、ただの練習かと思っていたらショウの前の説明係りでした。
大まかに馬の乗り方、調教の仕方などを説明してくれます。
ショウの間は残念ながら写真撮影は禁止でしたが、サイトで動画が少し見られます。(音が出ます)
ただ馬に乗ってみせるだけでなく、シャンティイの城の歴史と馬をからめてあり、乗り手はその時代のコスチュームを着ています。
言葉は一切なく、音楽のみですが、なかなか見応えのあるショウでしたよ。
ただし、砂埃がすごいので席はかぶりつきではなく、少し離れた上の方がいいようです。
それでも喘息などの方はやめたほうがいいでしょう。
途中からハンカチを口に当てて見ましたが、終わる頃には喉がゴロゴロでした。


f0044892_6494033.jpg
たっぷり砂埃をかぶったあとはお城の庭へ。
冷たい森の風が気持ちよく吹き渡っています。
今回は時間がなくてパスしましたが、お城の中も有名な絵画のコレクションがあるので必見です。
お庭はベルサイユ宮殿と同じ庭師のル・ノートルの設計です。

f0044892_6522626.jpg
秋の日は釣瓶落としで、あっというまに日が暮れ始めてしまいました。
庭も広大なのですが、今回はほんの入り口しか見られませんでした。
次回は日の長い夏に再挑戦したいと思います。
[PR]
by xthneh5d | 2009-11-29 06:19 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(8)

朝のカフェで

ソーサーの中に虹をつかまえた!
こんな些細なことで幸せな気分になれます。
今日も1日がんばろう!
f0044892_4504012.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2009-11-24 04:49 | 季節の便り | Trackback | Comments(6)

栗のパン

フランスと言えばパン、細長いバゲットや丸い田舎パンなどなど、パン屋に行くとたくさんの種類が並んでいます。
我が家では夕食などにはバゲット、朝ごはんには田舎パンをよく頂きます。
田舎パンは週末などに子供の頭くらいの大きなものを買ってきて、朝食のたびにナイフでスライスしてバターとはちみつをたっぷりつけて食べます。
いつもの土曜日の朝、村のパン屋さんへいつものように焼きたてパンを買いに行ってみたら、見慣れないパンが棚に並んでいました。
『栗のパンを焼いてみたのよ。試してみる?』とパン屋のおばちゃん。
もちろん!買います買います!
f0044892_1425374.jpg


いつも買う田舎パンは穀物が色々入ったものですが、これは小麦粉に栗の粉を混ぜた素朴な味わいで栗も入っています。
以前に日本にも支店のあるメゾンカイザーで栗のパンを買ったことがあるのですが、カイザーのはマロングラッセの入ったリッチな味わいのものでした。
うちの村のパン屋さんのは派手さはないけど、しみじみと噛みしめる素朴なおいしさでした
f0044892_1434242.jpg


ひさしぶりにカイザーの栗のパンも食べたくなりました。
今度また行ってみようかな?
[PR]
by xthneh5d | 2009-11-22 01:40 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(8)

秋のネコ

ども、コユキです。
この頃はすっかり秋も深まって、私もおニューの冬のコートに着替えたところ。
どう?決まってるでしょ?
f0044892_140952.jpg

すっかり冬毛に変わって、ふわふわの手触りのコユキです。
アウターだけでなく、その下の脂肪もたっぷりついたようで、おなかまわりがたぷんたぷん・・・。
これからの長い冬を乗り切る支度は準備万端整ったようです。

f0044892_1371120.jpg

準備ができたから、これで安心して寝られるわー。
ストーブ前を占領してうたた寝中。
これだからネコはやめられませんね。
[PR]
by xthneh5d | 2009-11-17 01:33 | ネコたち | Trackback | Comments(8)

秋のマカロン

自然だけでなく、モードやスイーツの世界でも秋たけなわ。
先日パリに来ていたおいしいもの好きの友人が『今回の旅行で一番おいしかった!』と言っていたものを買いに行ってきました。
日本でも有名なピエール・エルメの秋の期間限定マカロンです。
一押しは黄金色に輝くMarron et the vert Matcha 栗と抹茶のマカロン。
f0044892_665087.jpg


マロングラッセの入ったたっぷりのマロンクリームは甘さ控えめで、香り高い抹茶クリームがしっかりと主張します。
1個でもかなりの食べ応えです。
f0044892_67570.jpg

さすがに美味でございました。
マカロン1個でも普通のケーキ並のお値段ですが、十分その価値はありますね。
(でもちょくちょくというわけには行きませんが・・・)
[PR]
by xthneh5d | 2009-11-15 06:05 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(8)

晩秋の田舎

田舎の秋はもうそろそろ終わり。
木々の葉は半分以上落ちてしまいました。
桜の木の葉も黄色く色づいて、風がなくてもさらさら落ちてきます。
f0044892_546504.jpg


足元は落ち葉のじゅうたん。
黄色い色にも色々なニュアンスがありますね。
一夜の嵐で葉っぱがすべて落ちる日も遠くありません。
f0044892_5472414.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2009-11-11 05:43 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(7)

秋のパリ

日に日に秋が深まるパリです。
土曜日は立冬で、暦の上ではもう冬突入。
この2週間ほどはパリは毎日毎日雨雨雨です。
日本のように1日中降る雨ではないのですが、朝家を出る時はまだ真っ暗で、ランチタイムに雨だったりすると、夜田舎村の駅にたどり着く頃はもうとっぷりと日が暮れているし・・・、1日中お日様を見ないような気がしてちょっと悲しいです。
休みくらいすっきり晴れて欲しいものですが、このところ週末は2回連続で全滅・・・。(涙)
こうなるとしぞーかの秋晴れや乾燥した冬が懐かしくなります。
でも土曜日もほんのちょっとは晴れ間が広がりましたよ。
まだ夕方4時ですが、もう太陽は黄金色の光を投げながら西の空に傾きはじめています。
f0044892_6392364.jpg

パリの芸術橋、その向うに見えるのはルーブル美術館です。
せっかくの晴れ間も1時間ほどでまた雨が降り出しました。
ほんのちょっとの晴れ間がかけがえのないものに思える季節の始まりです。
[PR]
by xthneh5d | 2009-11-09 06:37 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(12)

おしゃれなホテルライフ

日本からお友達が来ていたので、パリの某高級ホテルへ遊びに伺ってきました。
郊外の田舎もんにはなかなか足を踏み入れるチャンスのない、セレブなパリのホテル。
ロビーを通るだけでも、『失礼ですがちょっと・・・』と足止めされるのではないかとハラハラしました。

お部屋はテュイルリー公園を望むデラックスルームでした。
ホテルからのおもてなしはこんなおしゃれなオブジェ。
f0044892_23515517.jpg

左の列はくまさんの形のグミ、その横のカラフルな黄色やピンクはギモーブと呼ばれるマシュマロ、真ん中はトリュフチョコ、プラスチックのピックに差してプレートに立ててあります。
食べるのがもったいないくらいきれいな色です。
『きっと写真に撮りたいだろうと思って、食べないで待ってたのよー』
さすが伊達に友達やってないね、感謝です。

f0044892_23521267.jpg
目を引いたのはロココ様式のルイ15世スタイルの椅子です。
形はクラシックなのに、張ってあるファブリックの色合が可愛くて素敵でした。

おしゃれなパリのホテルライフ。
たまには目の保養もいいですね。
でも自分で泊まることはまずないだろうなー。
[PR]
by xthneh5d | 2009-11-02 23:50 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(4)