パリ近郊のカントリーライフ

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春はゆっくりと

冷たい雨の多いパリですが、夏時間になり、また少しずつながら春の気配が感じられるようになりました。
夏時間に切り替わった今週は朝起きるのが1時間早くなったので慣れるまで辛いですが、夕方家に帰ってもまだ日が高いのでゆったりと夕食の支度にかかります。
雨雲の切れ間を見て庭に出てみると、いつのまにやらつぼみが膨らみはじめていました。
これはミラベルというすももの一種の花です。
f0044892_721095.jpg


ようやく開き始めた花が・・・。
小さな白い花が満開になると木全体が白いレースに包まれたようになります。
まだまだりんごや桜の花はつぼみも固いですが、春近しです。
f0044892_722644.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2010-03-30 07:01 | 季節の便り | Trackback | Comments(4)

プレイモービル展 sanpo

一週間のご無沙汰です。(この昭和の名言を残した方も最近亡くなられましたね。合掌)
久々のアートなお出掛けはコブタの見たがっていた装飾芸術美術館内で行われている『プレイモービル展』へ行ってきました。
ドイツ生まれのプレイモービルはヨーロッパはもちろん、日本でも人気のあるミニチュアのおもちゃです。
目と口しか描かれていない人形を始めとして、さまざまな動物や建物、乗り物などののバリエーションがあり、フランスの子供は必ずこのおもちゃを手にしたことがあるはずの超定番。
コブタも山ほど持っていますが、最近再びマイブームらしく、自分のおこづかいでコツコツ買い足しています。
f0044892_6565641.jpg

装飾芸術美術館はルーブル美術館のお隣り、ルーブル宮の続きにあります。
もともと生活装飾の美術館なので、アカデミックなルーブルのお隣ながら独自の展示や企画展がなかなか面白いんですよ。

土曜日のお昼過ぎ、さほど混んでもおらずチケットを購入して(子供は無料です)エレベーターで2階の特別展へ。
ギャラリー2部屋分、プレイモービルで作られたノアの箱舟やサーカス、農場や市場の風景がガラスケースのなかにぎっしりと詰め込まれて展開しています。
子供達はガラスケースに釘付け、大人もみなかつてプレイモービルで遊んだ子供に戻って、デジカメで撮りまくりです。
お父さんと子供が『パパもこれ持ってたよ』とか『おばあちゃんちにこれあったね』とか話しているのが微笑ましかったです。
f0044892_6593139.jpg
f0044892_6595987.jpg
f0044892_702266.jpg
f0044892_71565.jpg


さて常設展は中世から現代までの室内装飾、家具、食器、細工物など15万点の所蔵を誇ります。
時代ごとに分類されているので、中世からルネッサンス様式を始めとして、ロココ様式のギャラリーの隣にはナポレオン時代の家具、アールヌーヴォーの曲線ぐにゃぐにゃの家具などなど見やすく展示されています。
家具だけでなく、銀食器や焼物のコレクションも見応えたっぷりです。
建物の一番上の方(エレベーターを乗り換えないと昇れないのでわかりにくいのですが)には1940年代から90年代の家具が並んでいます。
吹き抜けの空間を生かした回廊状のギャラリーをひとつひとつ見ていると、下にはこんな椅子のコレクションもありました。アールデコもいいけれど、フリーマーケットでもまだ見かけるようなこんなスタイルの家具も今や美術史の一部になっているんですね。
f0044892_721133.jpg

子供の椅子だってこんなにカラフルで洗練されています。
こんなのうちにも一つ欲しいなー。
f0044892_722722.jpg


常設展を回って、もう一度プレイモービルを見て帰ろうかと思ったら、お昼を食べて見に来た小さなこどもたちでいっぱいでガラスケースに近寄ることもできないほどの混み具合でした。
これから行かれる方は午前中早い時間をお奨めします。
[PR]
by xthneh5d | 2010-03-28 06:53 | アートなお出掛け | Trackback | Comments(4)

きっと春は来る

厳しい厳しい冬も少しずつ緩んで、ふと気づけば3月も後半戦。(汗)
日も延びて、気温も少しずつ上がってきました。
まだまだ朝夕は気温が低く、朝車のウィンドウが凍っていてあわてることもありますが、先週後半は朝でも8度!なんて日もありました。
このまま暖かくなることはないでしょうが、とりあえず真冬は過ぎたのでしょう。
ようやくスイセンも咲き始め、週末に村の真ん中のパン屋さんまで歩いていくのも楽しい季節です。
f0044892_23584420.jpg
うちの庭ではないのですが、近所にいつもクロッカスが咲く日当たりのいいところがあって、そろそろ咲いているかなと行ってみるとちゃんと落ち葉の下から薄紫の花が顔を出していましたよ。
f0044892_2359117.jpg
どんな長い冬でもちゃんと春は来て、土の下でじっと我慢していた草木たちはきっと目覚めて芽を出し、花を咲かせます。
日本はもうそろそろ桜の季節ですね。
北の地でも少しずつ春の足音が聞こえてきましたよ。
[PR]
by xthneh5d | 2010-03-20 23:53 | 季節の便り | Trackback | Comments(10)

おそばと卓球

友人のCちゃんから『遊びにおいで』のお誘いを頂き、またカミカミ王子ことチロくんと遊ばせてもらいに伺いました。
『カワラソバご馳走するから』とCちゃん。
カワラソバ?
カワラソバって何?

山口出身のCちゃんが下関の名物の『瓦そば』を作ってくれました。
東海地方の私は関西はもちろん、西日本のことは本当に無知なのですが、西南戦争の頃に瓦の上で調理した野戦食を元にした郷土料理だそうです。
さすがに瓦はないので、フライパンに茶そばを敷き詰め、その上に牛肉と錦糸卵と葱を載せて焼き、レモンや大根おろしを入れたつゆで頂きました。
f0044892_22174089.jpg
食べ始めてからあわてて写真を撮ったので、食べかけですみません。
そばがちょっとカリッと香ばしく焼けて、箸が進みます。
なかなかおそばを食べる機会の少ないコブタもおいしかったと見えてお替りが進み、Cちゃんのご主人のEさんの食べる分がなくなってしまうほどでした。
Eさんごめんなさい。Cちゃんごちそうさまでした。

おいしいおそばを頂いたあとは卓球大会!
テーブルを片付けて卓球していたら、カミカミ王子が乱入しました。(笑)f0044892_614939.jpgf0044892_622139.jpg

ボールが行き交うところめがけてカミカミ王子が突撃してくるので、なかなかラリーが続きません。
カミカミ王子もいっしょに卓球できたらいいのにね。
[PR]
by xthneh5d | 2010-03-14 00:15 | Trackback | Comments(2)

雪割り草

週末は雪の予報でしたが、今回はラッキーなことに外れました。
今日もお日様の光がさんさんと降り注ぐお散歩日和。
でも風がビュービュー吹いていて、寒い寒い。

うちのすぐ近くの道端に雪割り草がかたまって咲く場所があるので、今年もそろそろ咲いたかなと行って見たらもう満開でした。
f0044892_22142598.jpg

今年は雪が多かったこともあって、例年に比べると遅めの雪割り草。
これが咲くと、プリムラやクロッカス、その後にスイセン、レンギョウなどが咲き始めます。
f0044892_22151430.jpg

厳しい寒さの続いたヨーロッパもそろそろ春が見えてきたような気がします。
今週は毎朝氷点下が続くようですが、あともう少しの辛抱ですね。
しかしやっぱりまだ寒い寒い。(ブルブル)
[PR]
by xthneh5d | 2010-03-07 22:09 | 季節の便り | Trackback | Comments(8)

春の光

あっという間に3月、今日はお雛様でしたね。
楽しいイベント系のことは日仏どちらもおいしいとこ取りの我が家では、小さいながらもお雛様を飾ってお祝いするのですが、あいにく今日はコブタがオットの姉のところにお泊りでした。

3月に入って、暖かい日が続いていましたが、週末にはフランス全土を強風が横断し、満潮の時間にあたっていた海岸部では浸水さわぎ、その他の地方でも木が倒れたりかなりの被害がでました。
かくいう我が家のある田舎村は停電になり、日曜日は結局復旧せず、こんな時のために買いこんであるろうそくを灯して過ごしました。
電気がないと電話もPCもテレビもみんなだめなので、10時にはみんな就寝。
たまにはこんなことがあると普段の電気のありがたみがわかりますね。

f0044892_772762.jpg
窓辺においた鉢植えのスイセンも元気な黄色い花を咲かせました。
庭のスイセンはまだつぼみが伸びてきたくらいですけど、雪割草は咲き始めましたよ。
明日からまた気温が下がりはじめるようですが、日も伸びて少しずつ春の陽射しが感じられるようになってきました。
[PR]
by xthneh5d | 2010-03-03 07:04 | 季節の便り | Trackback | Comments(8)