パリ近郊のカントリーライフ

<   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

デン・ハーグの街歩き

デン・ハーグは首都ではないけれど、オランダの政治の中心地。
国会議事堂や中央官庁、各国の大使館、国連の国際司法裁判所もあります。
駅の周りには近代的な建物も多いのですが、町の中心は古い建築が多く残っているし、町を走る路面電車でほんの10分も走ると緑に溢れる森林公園や美しい一戸建ての続く住宅地もあります。
中心街は歩いて回るのにちょうどいいサイズです。
f0044892_17342971.jpg
駅からぶらぶら歩いて10分でビネンホフ(オランダ語で中庭という意味だそうです)に着きます。
王室の紋章のついた門をくぐって中に入ると、13世紀から17世紀にかけて建築された建物が集まっていて、今は総理府や外務省が入っています。
内部の見学もできるそうですが、一般でただ通り抜けることも可能なので外からの建物ウォッチングでも楽しめます。
f0044892_17351157.jpg
こちらがビネンホフでもっとも古く美しい『騎士の館』、今は国会議事堂と使われています。
威風堂々という感じですね。
この日はとても暑かったので、中庭にはアイスを売る屋台があって大人気でした。
f0044892_17321035.jpg
一般の建物も古い建物ばかりでなく、アールデコっぽいものやら戦後のものもあって、眺めているだけで飽きません。
これはレストランになっているもの。
気候がよくなると、どの広場もテーブルと椅子で埋まります。
オランダの人たちはみな北の人らしく、少しでもたくさん太陽を浴びようと思い切り日向に陣取っていました。
(日本の美白なんて遠い世界の話なのでしょうね)
f0044892_17323399.jpg
これもだいぶ古い建物ですね。
ハンバーガーや冷たい飲み物を売っている店が目の前にあったので、ベンチに座って休憩しながらじっくり見ました。
f0044892_17353169.jpg
そして私が歩くと必ず猫ちゃんに当たります。
散歩していたら街中を闊歩している子に遭遇。
かわいい首輪をして、ちょっとおなかがタプンとした猫でした。
声を掛けるとちゃんとそばに来てポーズを取ってくれましたよ。
大切にされている子なのでしょうね。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-28 17:31 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(2)

オランダ旅行 その1再びデンハーグへ

オランダと聞いて思い浮かぶのは海抜の低い平らな土地、そこに点在する風車と酪農王国とチューリップでしょうか。
ホテルのバターには牛さんの顔が・・・。
f0044892_17593312.jpg

復活祭の連休に日本から遊びに来たUちゃんとコブタと3人でオランダへ遊びに行ってきました。
4年半ぶりのオランダ、今回もまたデンハーグへ。
デンハーグ中央駅のそばには新しい近代的なビルが建ち、古い昔からの町並みの向こうにはいきなりシュールな近代都市が出現したようでした。
f0044892_1805353.jpg
駅を出て、古い町並みをぶらぶら歩いていくと、私の大好きなマウリッツハイス美術館にたどり着きます。
今回の目的のひとつはヤン・ステーンの企画展を見ること。
もちろん常設のレンブラントやフェルメールは何度見ても見飽きない名品ばかりです。
前回はフラッシュなしなら館内の写真撮影が許可されていましたが、今はすべて禁止です。
こじんまりした館内は日本語のオーディオガイドが無料で借りられ、ゆったりと見るのにぴったりのサイズです。
この美術館を見るために、またこの街を訪れたいと思わせる場所です。
f0044892_181397.jpg

いつも晴れ女の私の旅はお天気に恵まれることが多いのですが、今回は晴れすぎて猛暑に近いオランダでした。
4月だというのにパリよりも暑いほどで、気の早い子供は水着で噴水に飛び込んでいたり、真夏のようなワンピース姿で街を闊歩するオランダ美人も見かけましたよ。
強い日差しに輝くオランダの写真を整理しつつ、これからぼちぼち更新します。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-27 17:58 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(2)

オランダといえば

f0044892_16473633.jpg

流石の酪農王国。
朝食のバターにも風車が。(ちょっとボケてますが・・・)
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-26 16:43 | あちこち旅行記 | Trackback

今日は

f0044892_18482371.jpg

トラムに乗ってお出かけ。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-25 18:45 | あちこち旅行記 | Trackback

猛暑の阿蘭陀

f0044892_0321250.jpg

「スケベニンゲン」の夕陽。
明日も暑そうです。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-24 14:51 | あちこち旅行記 | Trackback

小旅行に行ってきます

明けない夜はない、終わらない仕事はない。
この言葉を心の支えに、日々がんばってきました。
おかげさまでなんとか仕事も片付けて、ようやく待ちに待った休みに突入です。
真夏のような天気の続くパリを抜け出して、ちょっと息抜きに出かけてきます。
f0044892_654424.jpg
これは先週末の収穫農場のチューリップですが、本場のを見に行ってきます。
写真いっぱい撮ってきますね。
それでは皆様よい週末を。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-23 06:52 | Trackback | Comments(2)

休み前

ゴールデンウィークも近づいて参りました。
私も来週から2週間休みを頂くので、只今追い込み中です。(汗)
いいお天気の続く毎日、コブタは家でのんびりしていますが、ハハは必死で仕事の山と格闘中。
明日は友達のUちゃんが日本から到着します。
f0044892_615380.jpg
庭の花もそろそろ初夏の花へとシフト中です。
これは只今満開のリラの花。
とってもいい香りで癒されますが、このところそばに行く時間もなく・・・。(シクシク)
土曜日から出かけられるようあと2日がんばります。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-21 06:11 | トホホな私 | Trackback | Comments(2)

おいしいシーズン

f0044892_2145779.jpg
こちらもそろそろです。
例年よりはちょっと早めにおいしそうな地元産のホワイトアスパラが並び始めました。
今年は茹で方を農家の方に教わりました。
お湯にアスパラの根元の硬い部分や剥いた皮をいっしょに入れ、塩と砂糖とレモンを入れて茹で、湯であげた後も水を切らずにそのまま冷ますとおいしく出来るとのこと。
砂糖とレモンを入れると白く綺麗に仕上がり、そのまま冷ますと苦味がすくないのだそうです。
知らないこととはいいながら、いままで反対のことばかりしていたんですね。
レモンがちょうどなかったのが残念ですが、とてもおいしくできました。
来週はレモンも入れてみます。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-19 12:45 | 季節の便り | Trackback | Comments(7)

りんごの花びらが・・・

f0044892_6182298.jpg
りんごのつぼみがほころんで。
f0044892_618052.jpg
そうっとそうっと咲き始めました。
f0044892_6185183.jpg
あっという間に満開です。
花の命は短くて、あっという間に風に散ってしまいます。
あとにはおいしい実が・・・。
今年は好天に恵まれている春です。
花盛りの庭は花吹雪でいっぱいです。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-17 23:05 | 季節の便り | Trackback | Comments(6)

忘れな草

f0044892_4412957.jpg
今年もちゃんと咲きました。
我が家では雑草扱いされている忘れな草です。
このブルーを見るたびに頭の中にちょっとレトロなワンピースが思い浮かびます。
自分が着ていたわけでもないのに、どこかで見たのでしょうね。
手足の細い金髪を三つ編みのお下げにした子が着ています。
もしかして前世とか?(そんなわけないです。どっかで見たのでしょう。)

忘れな草の名は中世ドイツの伝説から来ているそうです。
中世の騎士がドナウ河の川辺に咲いた花を恋人に捧げようと身を乗り出したところで、足を滑らせ河に落ちてしまいます。
騎士は最後の力で花を岸辺の恋人に投げ、『私を忘れないで』と叫んで流れに消えてしまい、その後恋人がその花を墓に供えて、彼の最後の言葉を花の名前にしたとか・・・。
ロマンチックですが、ちょっと『残念な』感じもある伝説です。
凡人の私は『河に落ちないように気をつければよかったのに・・・』などと思ってしまいますが、花は凛と今年もたくさんの小さなブルーの花を咲かせています。
[PR]
by xthneh5d | 2011-04-15 04:40 | 季節の便り | Trackback | Comments(2)