パリ近郊のカントリーライフ

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゴッホ終焉の地 オーヴェル=シュル=オワーズ

f0044892_3384353.jpg
やはりこの教会は印象深いんですねえ。
皆様正解です。
ゴッホが描いたオーヴェル=シュル=オワーズの教会です。

1890年にゴッホが最期の2ヶ月を過ごしたオーヴェル=シュル=オワーズは、パリから車で40分ほどの静かな田舎町です。
南仏でゴーギャンとの共同生活に破れ、有名な耳切り事件のあとの精神病院の入院を経て、ようやく落ち着きを取り戻したかに見えたゴッホでしたが、このオーヴェルでわずか2ヶ月の間に60枚以上というハイペースで創作に没頭して、謎を残して亡くなります。
この小さな村のあちこちにゴッホが描いた場所がほとんど変わらないまま残されています。
その場所で描かれた絵のパネルが立てられており、ゴッホの足あとを辿れるようになっています。
f0044892_4324787.jpg
村はずれの墓地にはゴッホとその良き理解者だった弟のテオが並んで埋葬されています。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-26 03:38 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(8)

クイズ どこでしょう?

秋晴れの一日、今日は郊外へ行ってきました。
f0044892_1233544.jpg
さて、突然ですがクイズです。
ここはどこでしょう?
見たことあるような気がしませんか?
見たことある方は多いと思いますよ。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-21 01:22 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(12)

そろそろかぼちゃの季節

f0044892_15321436.jpg
まだ夏野菜ががんばっている収穫農場ですが、そろそろかぼちゃも始まりました。
入り口にわらを敷いてかぼちゃがずらりと並んでいるのを見ると、いよいよ秋本番だなーと感じます。
昼間は太陽の光が強くても、朝夕は10度を切り冷え込みはじめました。
かぼちゃのスープがおいしくなる季節の始まりです。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-18 15:20 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(4)

モンマルトルにて

雨上がりの夕日を浴びて、建物の向こうにサクレクール寺院の白い屋根が見えました。
f0044892_332814.jpg
これからモンマルトルのビストロで女子会です。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-14 03:31 | パリのあれこれ | Trackback

プロヴァンスうろうろ記 フォンテーヌ・ヴォークリューズ

日本に行かない夏休み。
それでもどこかに行きたいなーと計画したのがプロヴァンス旅行でした。
プロヴァンスといえば、南フランスアヴィニョンを中心としたエリアで、豊かな自然と強い太陽が魅力的な地方です。
ゴッホも太陽の光を求めて(安い生活費も魅力的だったでしょうが)プロヴァンスに行き、晩年の2年を過ごしたし、90年代にはピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12か月」で一大ブームがあったしと、いつも人を引きつけて止まない場所ですが、実は私一度も行ったことなかったんですぅー!
行きたい行きたいと思っていたプロヴァンス、行ってみたい場所はあちこちありますが、今回は初歩編のつもりで回れるところをささっと見てみようと出かけてきました。

パリからTGVに乗って3時間ほどでプロヴァンスの玄関アヴィニョンへ。
ぼんやりと曇り空が広がるパリからキッパリと青い青い空の下へ到着です。
駅でレンタカーをピックアップして、コブタをナビに20キロほど車を走らせると前方に大きな岩山が見えてきます。
いつも盆地のパリに暮らしていると山という存在がありませんが、山っていいですねぇ。
岩山に向けてどんどん進んで行くと、道はぐっと狭くなり、美しいソルグ川の流れが道路のすぐ脇に現れてきました。
カヌーをするポイントが見え始める頃、道はいよいよ岩山に突き当たって、ぐるりとUターンするようにソルグ川を渡ります。
そこが最初の目的地、フォンテーヌ・ヴォークリューズです。
f0044892_7232511.jpg
満々と流れる美しいソルグ川の流れ、この川の水源であるのがこの街。
世界最大量とも言われる湧き水の地を見ようと、美しい水にたくさんの人たちが集まってきています。
f0044892_7235488.jpg
美しく豊富な水を使って、かつては製紙業が盛んだったそうで、古い水車を使った紙づくりを実演する博物館がありました。
紙を漉くときに綺麗な花びらなどを混ぜたり、素朴な紙づくりが現在も残っています。
ここからは水の流れを見ながら、源泉へとカラカラの埃だらけの道を歩きます。
f0044892_7241621.jpg
岩山が屏風のように迫ってきました。
ところどころ洞窟のような穴が開いた岩山がかなりの高さで聳えています。
こういうところをロッククライミングする人もいるんでしょうねぇ。
f0044892_7243764.jpg

水の色が涼しげで、山間に入ると空気がひんやりとしてきます。
水源は大きな洞窟のようになっており、今の時期は水が少ないそうです。
他の人たちを真似て、手すりを乗り越えてゴロゴロの小石まじりの道なき道を降りて、すぐそばまで降りて行きましたが、「これですか?」というような小さめの池みたいな感じです。
でも岩の間を抜けて涌き上ってくる水は、今までたくさんのダイバーがもぐってみても、奥までたどり着けないのだとか…。
水量の多い春先などはまったく違った風景が見られるのだそうです。
またその頃に来てみたいなー。
f0044892_7245944.jpg
帰り道、切り立った崖が背中に迫ってくるような気持ちがしていました。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-10 07:21 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(4)

いろいろトマト

f0044892_1539889.jpg
新学期も始まり、ようやくリズムのある生活が戻ってきました。
パリは秋の気配が少しずつ濃くなってきましたが、まだまだスーパーには元気な夏野菜がいっぱいです。
こうしてみると、最近トマトの種類が増えましたねー。
収穫農場のトマトももうしばらく続きます。
また週末行かなくっちゃ。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-07 11:26 | 季節の便り | Trackback

バカンス終了

あっという間に9月ですね。
我が家の短いバカンスもあっという間に終了してしまいました。
写真を取り込もうと思ったら、メディアのリーダーが壊れてしまい…。
日本と違って、ささっと買いに行くわけにも行かず、少し時間がかかります。
とりあえず i-Phone で撮った写真です。
f0044892_5264211.jpg
                  こんなとこや…。

f0044892_5264759.jpg
                  こんなとこも…。

f0044892_5265254.jpg
                  こんなところとか…。

f0044892_5265662.jpg
                  こんなとことだったり…。

f0044892_527317.jpg
                  こんなとこやら…。

f0044892_536562.jpg
                  こんなとこにも行ってきました。

短いくせにあちこちうろうろしてきました。
ぼちぼちアップします。
[PR]
by xthneh5d | 2012-09-01 22:24 | あちこち旅行記 | Trackback | Comments(8)