パリ近郊のカントリーライフ

ポンヌフはただ今お色直し中

ポンヌフの恋人たちという映画がありましたよね。
あの舞台になったポンヌフはパリを流れるセーヌ河にかかる橋の中で最古のもの。
ただ今お色直し中です。ビフォーアンドアフターをご覧ください。

f0044892_752684.jpg

これがお色直し前の状態。
長年の雨や風雪、そして排気ガスですっかり黒く汚れてしまっています。
橋げたにマスクがついているのですが、表情なんてとっても分らないありさま。








f0044892_773542.jpg


これがアフターですね。
すっかり洗われて、あたらしい石をはってきれいになりました。
ちょっと風情が足りないというのは贅沢でしょうか。








f0044892_7142459.jpg



これがただ今工事中の部分。
外側の石をひっぺがして、中の石組みと土が見えちゃっています。
中身もきれいにして、必要な電気ケーブルや排水を通して、新たにきれいな石をはっていきます。


f0044892_7101415.jpg


そしてこれがただ今の全景です。
だいたい3分の2くらい終りました。


橋の上から始めてもう3年近くぼちぼちやっています。
まだ橋げたのうえに伸ばした電気ケーブルはほっぽらかしだし、あと何年かかるのかなあ。
きれいになったら写真をアップします。
[PR]
# by xthneh5d | 2006-02-04 10:10 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(2)

虐待ネコ「ヒカレ」の話

f0044892_8551098.jpg

これが虐待ネコ 「ヒカレ」 です。
(コブタ画)


その雌ネコは3年半前の雨の日に我が家にやってきました。
夫が帰宅途中に村外れの国道わきに座っているのを見つけて、連れてかえってきたのです。
痩せてガリガリで、毛並みはボロボロ。
片足が折れているらしくブラリと力なく垂れ下がり、肋骨には鉛の玉らしきものが食い込んでおり、おまけに片目がつぶれて白く濁っていました。
我が家にはすでにその時4匹のネコがいたのですが、あまりに惨状に雨の中に放り出すわけにもいかず、翌日獣医さんに連れて行きました。

獣医さんの見立てでは、足は車かバイクにヒカレたものらしく、肋骨に食い込んでいる玉は子供がモデルガンのようなもので撃ったのだろうということ。
足はさっそくギプスで固められ、ますます放り出すわけにはいかなくなりました。
まだコブタも小さいし、他のネコたちは超ナーバスだし・・・。
私の心配をよそに当ネコは至って図太く我が家になじんでしまったのでした。
それからは食べる食べる!
あっという間に太って、見違えるように毛並みもツヤツヤになりました。
折れた足はその後も治らず半分ひきずっていますが、ぴょんぴょんと駆け回るようになりました。
そしてちょっと目を離したすきにあっという間の懐妊!
あっという間に6匹の子猫を産んで、我が家に確固たる地位をきずいたのでありました。

子猫たちはみなそれぞれにやさしい里親にもらわれていき、今は幸せな暮らしをしています。
ヒカレ(命名は私)は今やすっかり我が家の一員。
あんな目にあわされたのに、人間が大好き。
お客様が来ると、すぐに擦り寄って「抱っこして、ナデナデして」攻撃。
ネコにとって一番苦手な子供のいたずらも大らかなハートと忍耐力で切り抜けています。
小さい時のしつけが無かったせいか、おシモの癖がちょっと悪いのが玉に傷。
でもコブタの一番のお気に入りちゃんなのです。

そして今の姿がこちら。
f0044892_9184047.jpg

しあわせだにゃん。
[PR]
# by xthneh5d | 2006-02-01 10:10 | ネコたち | Trackback | Comments(8)

パリもめずらしくいい天気です

f0044892_626259.jpg


めずらしくいい天気続きのパリです。
いつも見慣れたオペラ座さえ輝いて見えるのもこの天気のせい?
街行く人も足取り軽やかに見えちゃいます。
こんな天気はいつまでも続かないんだろうけど・・・。

f0044892_6343752.jpg


冬のお日さまを浴びてるんるん散歩したくなります。
[PR]
# by xthneh5d | 2006-01-31 10:10 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(3)

今日はいい天気

今日は昨日の寒さも緩んで、日中は7度くらいまで上がりました。
今週は心配していた雪も降らなかったし、今日はお日様も顔を出すいい天気。
洗濯物も無謀にも風に当てようと外に出しちゃいました。
(少し凍ってましたが)

日曜日にいい天気となれば、田舎でのイベントは散歩です。
午前中にコブタと夫は自転車で村のパン屋(うちは村はずれなので、歩くと30分くらいかかります)まで明日のパンを買いに行きました。
午後は夫は仕事に出たので、コブタと散歩です。
畑の真ん中の一本道をとぼとぼと(心の中は意気揚々と)歩きます。
f0044892_7511592.jpg



すれ違う人もなく、田舎は遠くに走る車が見えるだけ。






コブタはトラクターの通った轍にはった氷をバリバリ踏むのに夢中です。
ちょっと前は体重が軽すぎて氷も割れなかったけど、もう大丈夫。
私もいっしょになって誰もいないのをいいことにバリバリ夢中になっちゃいました。
子供の頃ってよく霜柱を踏んで歩きましたよね。
今は舗装されていない道なんてなかなかないですから、田舎でなければこんなこともできません。



f0044892_756328.jpg



夢中になっているうちにすっかり夕暮れになってしまいました。
日が暮れないうちに家に帰ります。




f0044892_7584641.jpg

からすといっしょに帰りましょー。
[PR]
# by xthneh5d | 2006-01-29 10:10 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(7)