パリ近郊のカントリーライフ

ポンピドゥーセンター

ポンピドゥーセンターで開催中の『アンリ-カルティエ ブレッソン展』に行って来ました。
今回の回顧展は夜遅くまでオープンしているので、ゆったりと見られます。
有名な写真家の展覧会ですが彼の始めてのカメラから晩年までを網羅していて、とても充実していました。
始めて知りましたが、ブレッソンは日本にも来たことがあったのですね。
残念ながら数枚しか今回は展示されていませんでしたが、彼の視点からの日本は興味深いものでした。
f0044892_4325254.jpg

さて、ポンピドゥーセンターですが、若者であふれるレアル地区にあり、いつも大賑わいです。
大道芸人や似顔絵書き、ストリートミュージシャン、それを見る人たちも、ただただ座り込んでダラダラしている人もいっぱい。
f0044892_4325313.jpg
すっかり慣れましたが、赤やら青やら黄色のパイプがむき出しでぐにゃぐにゃの上に上がると、パリの街も遠くまで見渡せます。
f0044892_4325476.jpg
足元にはアリさんみたいな人また人。
遠くにはエッフェル塔、モンマルトルの丘に立つサクレクール寺院もすぐそこに見えますね。
f0044892_432557.jpg

[PR]
by xthneh5d | 2014-05-11 04:32 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://xthneh5d.exblog.jp/tb/21989747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mrs.W at 2014-05-11 17:32 x
高いところからパリの街並みを見ると、ほんと色が統一されてるのよねぇ。
落ち着いた大人の街。って感じ♪