パリ近郊のカントリーライフ

冬の森

今日は朝はいい天気だったものの、午後からはイルドフランス(パリの周り50キロメートルくらいの地方)らしいどんよりした冬空になりました。
でも気温はまあまあの8度ほど。
ロシアやスカンジナビアの強烈な寒気団はここまで届いていません。

久し振りに森歩きに行ってみました。
子供のお目当ては動物に会うこと、でも狩りの季節でもある今は遠くから銃の音も聞こえてきます。
残念ながら動物たちはみんな深い森や猟師の来ない森へと逃げ込んでしまっているようです。
どろんこ道に枯れ葉が降り積もった歩きにくい森の道をどんどん行きます。
f0044892_69435.jpg


シカの足跡やいのししが餌を捜して鼻をこすり付けた跡などを見つつ、森の空気を吸い込んで久し振りにリフレッシュです。

私の収穫は唯一灰色の森に咲いていた気の早いたんぽぽの花。
ところでこちらではたんぽぽの新芽(落ち葉の下にやっと少し芽を出し始めた柔らかいもの)を摘んでサラダにする人がいます。
森は来るものに四季それぞれの恵みをわけてくれます。
今日はたんぽぽはそのままにしておきました。
今度又くるからよろしくね。
[PR]
# by xthneh5d | 2006-01-22 10:10 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(5)

パリの寒さはちょっと一息

今朝は起きてみたら8度。
先週は最高気温がこのくらいでしたから、急に気温が上がったようです。
このまま春が来るはずはありませんが、それでも気持ちは軽くなります。

夕方値下げ第2弾の始まったソルド(バーゲン)をちょっと覗いてみました。
通常ソルドが始まってから2週間後から第2弾の値下げが始まるのですが、今年はちょっと早いようです。
もうめぼしいものは売れてしまいましたが、こまめに覗くと掘り出し物にぶつかることもあります。
今日はzaraで子供のパンツを何本か(1本7ユーロくらい)とお嬢様風ジャンバースカートをゲットしました。

買い物の後はリヨン駅近くのレストランへ。
パリのフリーペーパーに載っていた日本人シェフががんばっているレストランです。
メニューは前菜+メイン+デザートの3品コースか、前菜+メインもしくはメイン+デザートの2品コースのみ。
胃袋はフランス人なみの私は3品コース36ユーロを頂きました。
それぞれチョイスが6種類ほどあり、野菜あり魚あり肉ありです。
前菜はカニのクリーミースープにポワロー葱をあっさりとあしらったもの。
メインはウサギの背肉。
これになんと大根と椎茸の煮物がつけあわせで付いてきました。
デザートは栗のとろけるデザート。
玉子の殻にクリームアングレーズを入れて、栗のクリームでお皿に立たせるなど細やかな技がいっぱい。
暖かい栗のケーキが絶品でした。

外に出ると小雨が降っているものの、まだまだ気温は下がっていません。
明日の朝は霧になりそうな予感です。

O REBELLE
ADD 24 rue Traversiere 75012 PARIS
TEL 01 43 40 88 98
WEB www.o-rebelle.fr
[PR]
# by xthneh5d | 2006-01-18 10:10 | パリのあれこれ | Trackback | Comments(0)

いきなりトホホな私です

はじめまして。
パリ近郊に住む私は日々夫と6歳の娘と4匹のネコたちとの戦いの日々を送っております。
私の苦闘ぶりをときどき覗いてアハハと笑ってくだされば幸いです。

さてさっそくなのですが、ただ今フランスはガストロ(胃腸炎性の風邪)が大流行中。
日本でもノロウィルスが猛威を振るっているようですが、こちらもかなり深刻です。

まずうちの夫がこれを拾って来て、そのあと娘にもうつりました。
いきなりトホホです。
今日月曜日は仕事を休んで(そう一応働く母です、フランスではごく当たり前)、子供を医者に連れていくことにしました。
昨日ひどかったものの今日はかなり回復していたのですが、昨日ゲロゲロ(失礼)だった子供を学校に押し込めるわけにもいかず、医者に連れていくことにしたのは、フランスでは子供を持つ親たちにはオンフォンマラッド(enfant malade)というシステムがあるからなのです。
これは会社によって多少違いがあるのですが、医者の「両親の付き添いが必要である」という証明書があれば欠勤扱いにならないというもの。
つまりちゃんと医者に行けば仕事を休んでもお給料もらえるんですね。
私の会社では年間子供の数にかかわらず4日の休みが認められています。
ところが近所の村医者に受診30分前に行ってみると、すでに待合室はいっぱいで外にまで人が溢れている始末。
こんな病原菌ウヨウヨのところに2時間3時間もいれば、せっかく良くなっているものも他の病気をもらいかねません。
しかたなく家に帰りました。トホホ。
みんな病気なんですねえ。私が甘うございました。
[PR]
# by xthneh5d | 2006-01-16 10:10 | トホホな私 | Trackback | Comments(6)